研究

「研究者はもっとコミュニケーション能力を磨いたほうがいい」と、エンジニアの現場で働いてみてつくづくそう思った話

転職して4ヶ月が経ったのですが、改めて現場の方々はコミュ力が高いなと感じました。 コミュ力と言っても、ただ単にペチャクチャ楽しく人とおしゃべりできる能力のことを言っているわけではないですよ? 常に人の立場に立った発言や行動をし、自分のことだけ…

大学院に進学すると研究職しか選択肢がない!?そんなあなたが身につけておくべき3つのスキル

どうも、研究者からプログラマーに転職した神里です。 これから大学院へ進学しようと考えているそこのあなた、心の中に大きな不安を抱えていませんか? お気づきかもしれませんが、何も考えず大学院に進学すると、専門性は高まるけど人生の選択肢は少なくな…

研究がうまくいかない時でも鬱(うつ)にならないために大切な5つの考え方

どうも!! 研究者のかみざと(@yoshito410kam )です。 大学院生になって本格的に研究をするようになると、だんだんと研究に熱が入るようになってきます。 そうすると、実験で失敗をした時や研究が思うように進まないときにひどく落ち込むようになるのです…

「学生時代の専攻と企業の研究内容が違うと、研究職に就くのは難しい?」という疑問に答えてみる。

どうも!! 研究者のかみざと(@yoshito410kam )です。 今日は、「学生時代の専攻と会社の研究内容が違った場合、就活にどういう影響を与えるのか?」ということについて、ぼくの経験も交えながら考えてみたいと思います。

「研究者にこそコミュニケーション能力が必要だ!」と特に感じる4つのシーンとそれを上手く乗り切る方法

どうも! 研究者のかみざと(@yoshito410kam )です。 今回は、コミュニケーションについて。 研究者というと、実験室にこもって黙々と研究をやっているイメージがあり、コミュニケーション能力があまり必要なさそうなイメージを持たれる方も多いのではない…

研究職を5年間やっていて良かった・大変だったことベスト3

どうも! 研究者のかみざと(@yoshito410kam )です。 ぼくは、研究職で働いて今年で5年目になるのですが、現在に至るまでにたくさんの良かった・大変だった出来事がありました。 なのでこの記事では、ぼくがこれまでに研究職をしていて良かった・大変だった…

運動が脳にいいって言うけど、その理由はわりとみんなよく知らない。

どうも! 研究者のかみざと(@yoshito410kam )だ。 今回は、「なぜ運動が脳にいいのか?」ということについて話そうと思う。 最近ではよく、運動は脳にいいという話を聞く。 これは、専門的な知識を持った人たちだけでなく、わりと一般の人たちの間でも当た…

ぼくが大学院に横浜市立大学の医学研究科を選んだ5つの理由

どうも、化学系研究者のかみざと(@yoshito410kam )です。 今日は、ぼくの進路に関する話をします。 ぼくは、茨城大学の理学部で生物を専攻していたのですが、大学院からは横浜市立大学の医学研究科に進学しました。 外部の大学院に通う人はあまり多くはな…

物理学の理論を楽しく学びたいなら『ぼくらは「物理」のおかげで生きている』がオススメ!

どうも、化学系研究者のかみざと(@yoshito410kam )です。 今日は物理に関する面白い本を見つけたのでご紹介します。 実はぼく、高校時代は化学と生物を習っていて、物理は全く触れたことがありませんでした。 だから、物理の楽しさは全くと言っていいほど…

技術者が自分の強みを活かすべき5つの理由

どうも、化学系研究者のかみざと(@yoshito410kam )です。 皆さんは普段、仕事をする時どのようにモチベーションを上げていますか? ぼくは、出来るだけ自分の強みを活かすような働き方を心がけています。 なぜなら、人は自分の強みに気づき、それを活かせ…

研究者としての働き方に心配があるなら「やるべきことが見えてくる研究者の仕事術」を読め!

研究に関する本やウェブサイトって、専門知識や実験手順をわかりやすく解説してくれるものはたくさんあるけど、研究者としての働き方を書いてくれているものってほとんどないですよね。 経営、営業、その他の専門職になると、自己啓発本が結構たくさんあるの…

生物が苦手な人は「ぼくらは生物学のおかげで生きている」を読んで欲しい!

ぼくは生物が大好きです。 そのため、勉強することもそこまで苦ではなく、実際に高校ではテストでも良い点しか取ったことはありませんでした。 ですが、学生の方々の中には、生物がどうしても苦手だという方もいらっしゃるでしょう。 そして、生物が苦手だと…

「10年後、生き残る理系の条件」は理系学生全員が読むべき良本

いきなりですが理系学生の皆さん、将来設計って不安じゃないですか? ぼくは学生の頃、どういうふうに自分の将来設計をしていけばいいのかわからず不安でした。 というのも、理系として生きてきた以上はその専門性を活かしたいのだけど、その道で本当に生き…

【徹底した業務効率化のために】企業に勤める研究者は工場の設備を理解しておくべき3つの理由。

ぼくは化学系メーカーで研究職をしていて、現在も新商品の開発に取り組んでいます。 それで、最近は工場で試作品を作る機会が多いのですが、よく思うのが「企業系研究者は工場の設備をよく把握する必要がある」ということです。

若手研究者もすぐに結果を出せるようになる!実験計画を立てる際に意識すべき5つのこと。

恥ずかしながら、ぼくは今まで実験でたくさん失敗してきました。 何度情けない思いをしたかわかりません。 リアルに泣きそうになったこともあります。笑

大切だけど意外と忘れる。実験をするときに必ずやるべきたった1つのこと。

実験では、比較対象(コントロール)をきちんと用意することが大切です。 「比較対象を用意する」とはどういうことかというと「条件を変えたものと変えていないものを両方用意する」ということです。

医療CGプロデューサー・瀬尾拡史(せお ひろふみ)さんがすごすぎる!サイエンスとアートを区別するのはもはや時代遅れ!

いや〜、やばい! とにかくやばい! 何がやばいって、サイエンスとアートの分野が融合することがやばいんです!

子供ができないのは女性のせいだけじゃない!実はぼく、男性不妊の研究してました。

実はぼく、大学院時代は男性不妊の研究をしてたんです。 そして、世間一般的にこの事実はあまり知られていないのですが、実は子供ができないのは決して女性側だけに原因があるわけじゃないんですよ。 半分くらいは、男性側に原因があるんです。

技術者はT字型の人材を目指そう!最大のリスクヘッジは自分自身が優秀になることだ!

いきなりですが、会社っていつクビになるかわからないですよね。それに、会社の経営自体がいきなり危なくなることも考えられます。 その時、専門性ばかりを極めていては、いざという時のリスクヘッジをすることができません。その会社でしか生きられない人材…

片付けしない研究者はボーナス減給でよくなーい?

もーほんと、片付しない研究者ってなんなのー? マジありえないんだけどー。

【読者リクエスト記事】研究者の1日をできるだけ詳細に教えます!

読者の方からこういうリクエストがきました。嬉しくて、涙でパソコンの画面が見えません。でも頑張って記事を書きます。 リクエストありがとうございます。 神里さんの1日の仕事スケジュールの記事を書いていただけないでしょうか。 できれば、出勤から退社…

なぜコミュニケーション能力が企業系研究者にとって大切なのか?

企業に勤める研究者にとって、コミュニケーション能力はなくてはならない能力です。それはなぜかというと、様々な人と関わりながら実験することが多いからです。

研究職において大切な「信頼される人間性」に共通する7つのポイント

信頼は仕事をする上でとても大切な要素です。それは研究職も同じで、出てきた実験結果が本当に信頼性のあるものかどうかは、その人の人間性に大きく左右されます。 この記事では、ぼくが研究をしていて感じた「信頼できる人」に共通する部分をまとめました。

研究職で大切な「几帳面さ」はどうすれば身につくか

研究者には、実験手順の決め方、記録の取り方、データの整理、報告書の作成、サンプルの管理など、細かいところまできちんと行うことができる几帳面さが求められます。

就活をしている時「自分のやりたい研究」を考えるためにぼくが実践したこと

企業系研究者には「どういう商品を生み出したいかを自分で考られる能力」が強く求められます。 なぜなら、受身の人間に研究開発を任せても、そんな人が自分の開発する商品に愛着を持って仕事してくれるとは、とても思えないからです。もちろん、それだと良い…

学部卒だと研究開発職に就職するのは難しいのか?ぼくの会社を例に挙げて考えてみた!

なんとなく先入観として「学部卒だと研究職に就職するのは難しい」っていうイメージありますよね? ぼくが高校生とか大学1、2年の時は、研究者って一流大学の大学院、それも学生時代に華やかな成績を残してきた人がなるもんだと思ってました。

細胞培養が自宅でできる!細胞シートの作成も夢ではない!?

理系の人にはたまらない記事が見つかりましたよ!! なんと、自宅で細胞培養できるツールが開発されたんです。その名も「Amino」!!

重力波の観測って何がそんなにすごいの??よくわからないので調べてみた!

最近お茶の間を騒がせている、、、、かどうかはわかりませんが、重力波の観測って結構話題になってますよね。 jbpress.ismedia.jp でも、あんまり宇宙に詳しくない人からすると 「へぇ」 って感じですよね。 何がすごいのか全くわからない。そして、ぼくもそ…

再生医療にも役立つ細胞培養技術を理解する3つのポイント

今日は細胞培養の素晴らしさについて語ってみたいと思います。 実は、医学の進歩は細胞培養技術によって支えられてる部分がかなりあるんです。 今回は細胞培養が、どのように医学の進歩に役立っているのかについて語っていきたいと思います。

研究職のあなたが結果を残すために必要な9つの方法を研究者歴5年のぼくが伝授する

この記事では、若手研究者が企業に就職した時に、どのように生き残っていくかという方法をまとめました。 まずはじめに、ぼくのことについてお話ししたいと思います。 ぼくは、社会人5年目の化学メーカーで研究開発を行っている若手研究者です。

6年研究職をして気づいた「できる研究者」に見られる11の共通点

ぼくは大学院から現在に至るまで、6年間におよぶ研究生活を送ってきました。 その経験の中で、幸運にも何人かのレベルの高い研究者にお会いすることができました。 その経験から「できる研究者とは何か?」ということを改めて考え、その共通点をまとめてみる…