読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研究職(技術職)で内定を獲得したぼくが大学院時代の就職活動で実践した9つのこと

f:id:yoshitokamizato:20161220205514j:plain

大学院生の就職活動って大変ですよね。 

 

ぼくは大学院時代、研究にバイトに就活にと、まぁまぁ忙しい学生生活を送っていました。

だから、できれば早めに内定を勝ち取って、研究に集中したかったです。

 

でもぼくは要領が悪くて内定が決まるまでに結構時間がかかりました。

 

就職先が決まらないのは本当にきつかったです。

 

そこで、この記事では「早めに内定を勝ち取りたい!!」という学生の方々のお役に立つために、ぼくが大学院で就職活動をした時、実際に行っていたことを反省点を含めてまとめてみました。

 

この記事を読むことで、少しでも就活の助けになれれば幸いです。

それでは早速いってみましょう。

 

 

 

 

就職先が決まるまで大学院に寝泊まり

f:id:yoshitokamizato:20160306064512j:plain

いきなり変な内容ですいません。

 

ぼくは、就活をしていた時、

「就活と研究を両立させる上で1番効率の良い方法は何か?」

ということを考え、就職先が決まるまで大学院で寝泊まりすることに決めました。

 

なぜなら、大学院で寝泊まりすれば、寝る直前まで実験をしながらエントリーシートを書いたり面接対策をすることができるからです。

 

幸い研究室にはソファーがあったので、寝袋を用意してそこで寝ていました。

自分のアパートに戻るのは風呂に入る夕方だけ。

 

それ以外の時間は全て研究と就活に当てました。

重要なことに焦点を当てた環境を作ることで、研究と就活を両立することができました。

 

こういうこと書くと、結構ありえない生活のように感じると思うのですが、それでも一週間も同じ生活を続けると意外と慣れてきます。

体調を崩す危険もあるため真似するかどうかは十分考える必要があるとはおもいますが、間違いなく効率は上がります。

 

夜中に1人で実験をするのは、ぶっちゃけ少し怖かったけど、それも1ヶ月くらい経つと慣れました。

人間の適応力って凄いですね。

 

「結果を残すためには環境を作ることが大切」

 

それを学ぶことができたいい経験でした。

 

就活生を集めて意見交換会

f:id:yoshitokamizato:20160306064539j:plain

会社説明会や面接などで仲良くなった人たちを集めて、定期的に飲み、、、、、、意見交換会を開いていました。

 

どんなことをしていたかというと、自分の強みや弱み、希望業種、希望職種、履歴書などをそれぞれが紙にまとめて、それをみんなで交換して読み合っていました。

それから、お互いの悩みを共有したり就活に役立つ情報を教えあったりしていました。

 

これは、とても有益な時間だったと思います。

同じ目標を持った仲間がいるだけで、かなり心強かったのを覚えています。

 

それに、孤独に就活するより何倍も高いモチベーションを保ちながら行動できました。

また、自分の履歴書やアピールポイントに対して、客観的な意見やアドバイスをもらえるのも、就活仲間を作る大きなメリットです。

 

やっぱり、自分だけだと気付けない部分はたくさんありますからね。

 

就活が終わった今でも付き合いのある友達もいて、本当に勇気を出して声をかけてよかったなと思っています。

いろんな人とつながって情報を交換したり、刺激を受けたり、客観的な意見を得るためにも、仲間を作ることはオススメです。

 

まずはいろんな会社の採用試験を受ける

f:id:yoshitokamizato:20160306064708j:plain

ぼくは、就活の前半は、経験値を上げるためいろんな業界の説明会に出席したり、採用活動に参加したりしていました。

そうすることで、エントリーシートの書き方はだいぶうまくなり、書類選考は意外と通過できるようになってました。

 

ただ、ぼくが失敗したのは、「会社を絞って選考を受けるという判断が遅すぎた」ということです。

あまりにもたくさんの会社を受けすぎると、1社1に時間を割くことができず、それに伴い企業研究や面接対策の質も落ちてきます。

 

これに関しては「もっと早めに採用試験を受ける会社を絞っていればよかったな」と後悔しています。 

皆さんはこのようなことがないように気をつけて下さい。笑

 

おそらく、ある程度書類選考を通過するようになったら,

そのタイミングで会社を絞って採用試験を受けた方がいいです。 

ぼくはそれに気づくのが遅く、就活に注ぐエネルギーが分散され、面接対策が十分にできず、面接で落ちまくりました。

 

ほんと就活下手だったなぁ。

  

就活になれたら会社を絞って採用試験を受ける

f:id:yoshitokamizato:20160306064907j:plain

ある程度就活になれてきたら、希望する会社に力を注ぐため、数を絞って採用試験を受けましょう。


ぼくは、そういう風にスタイルをシフトチェンジしてからは、なんと一発目の会社で内定をいただくことができました。

 

就活では、量と質のバランスをよく考えながら進めていった方がいいです。

これを間違うと、いくらたくさんの会社を受けても内定なんてもらえません。

 

友達にも協力してもらい履歴書・エントリーシートを交換

f:id:yoshitokamizato:20160306065209j:plain

ぼくは、仲のいい友達と自己分析表やエントリーシートを交換していました。

これも、客観的なアドバイスをもらえたり、人の良い部分を学ぶことができたりと、就活にとってかなりプラスになりました。

 

また、当時流行っていたmixiを使って、自分のいいところやダメなところを書いてもらっていたりもしました。

かなり恥ずかしかったのですが、それでもやってよかったなと思っています。

 

今だったら、Facebookを活用して友達に意見を求めてみるのも、有効な手段なのかもしれません。

 

それに、履歴書やエントリーシートを交換するということは、友達の文章についてアドバイスをするということです。

「人に教えると、 勉強になる」という話はよく聞きますが、これは本当にその通りです。

 

ぼく自身、友達の履歴書やエントリーシートを見てアドバイスしていたおかげで、自分の書類を見直す時にも、どういうポイントに目をつけたらいいのかをはっきりと把握することができました。

 

そのおかげか、研究室の後輩にも履歴書やエントリーシートの添削を頼まれるようになり、その後輩も書類選考はすぐに通過するようになりました。

 

教授の目を欺きながらエントリーシート作成

f:id:yoshitokamizato:20160306065237j:plain

あまり大きな声では言えませんが、

 

パソコンで研究データをまとめるふりして、エントリーシートを書いていました。

 

パソコンで、ある程度自分の書いたエントリーシートや履歴書の文章をまとめていると、似たような質問があった時に、コピペだけで済むようになります。

 

まっさらな状態から文章を考えて書くのはとても時間がかかるため、あらかじめ文章をストックし、コピペできるようにしておきましょう。

そうすると、就活の後半になればなるほど、一瞬でエントリーシートが出来上がるようになります。

 

当時は紙媒体での提出が多かったのですが、今はパソコンでのやり取りだけで完結するものも多いので、かなり効率は上がるはずです。

できるだけ効率化を図れば、エントリーシートを提出する労力と費用はそれほど多くないので、提出できるだけ提出しちゃいましょう。

 

自分の履歴書やエントリーシートを社会人の先輩に見せる 

f:id:yoshitokamizato:20160306065429j:plain

やはり、社会人の方々の生の意見は超重要です。

 

ぼくは、実際に社会で働いている方々が自分の文章を見たときに、どういうことを感じるのかを知りたいと思い、社会人として働いている同じ大学の先輩たちに履歴書やエントリーシートを確認してもらいました。

 

結果的には特にダメ出しはなく、わりと好評だったのですが、いろいろとアドバイスをもらえて良かったです。

社会人の先輩に認められたことで、自分の自信にもつながりました。

 

先輩に自分の文章を読んでもらうのは緊張するけど、やっておいたほうがいいですよ。

現役で働いている人から認めて貰えば、自信がつくこと間違い無しです。

 

面接対策はひたすら喋る 

f:id:yoshitokamizato:20160306064605j:plain

ぼくは面接対策が圧倒的に不足していました。

とにかく喋ることが下手でした。

そのせいで、書類選考では受かるけど面接で落ちるというパターンがよくありました。

 

どうにかしないといけないと思い実行したのが、ごく単純な練習方法で「ひたすら喋る」ということでした。

どれだけ良い文章が頭に入っていても、それがぎこちなかったり、自信がなさそうな話し方だったら全く意味がありません。

 

完全に自分の言葉にし、自然と出てくるようにしなければならないのです。

 

何度も話したいことを声に出して練習すれば、そのうち文章が頭に刷り込まれ、本番で緊張してもわりと自然に話すことができるようになります。

面接においてはこの「自然さ」がかなり重要なポイントです。

 

なので、何度も何度も声に出して練習しましょう。

喋れば喋るほど、面接は上手くなります。

 

本を読む

f:id:yoshitokamizato:20160306065458j:plain

自分のモチベーションを上げるためにも、孤独な就活を乗り越えるためにも、読書をすることはとても重要です。

自分が辛い時は好きな本を見つけて読んでみてください。

本当に元気になれますよ。

 

ぼくはビジネス本や偉人伝を読むと、めちゃくちゃ元気が出ました。

読書は人生を豊かにするために、とても重要なものです。

 

本そんなに高いものではないので、お金に余裕があるのであれば、学生のうちにできるだけたくさん読んだほうがいいです。

続けておいて良かったと思える日が絶対来るので、就活をきっかけに読書にはまってみるのもいいのではないでしょうか?

 

まとめ  

大学院時代は、同じ研究室に就活生がいなかったということで、割と孤独な環境で就職活動がスタートしました。

 

それでも、無事に乗り切ることができたのは、仲間を見つけられたこと、周りの方々の協力があったこと、失敗をしながらも前向きに努力できたことが大きいのではないかと思います。

 

何か就活で辛いことがあったら、いろんな人の力を借りてみるといいと思います。

それが友達であれ、先輩や後輩であれ、親であれ、本であれ、自分の周りにある手段は何でも使ってみることが大切です。

 

就活では、行動力が大きなカギを握ります。

できることを片っ端からやっていきましょう。