読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再生医療にも役立つ細胞培養技術を理解する3つのポイント

f:id:yoshitokamizato:20170120193214p:plain



今日は細胞培養の素晴らしさについて語ってみたいと思います。

実は、医学の進歩は細胞培養技術によって支えられてる部分がかなりあるんです。

今回は細胞培養が、どのように医学の進歩に役立っているのかについて語っていきたいと思います。

 

 

 

 1.細胞培養が医学の進歩に貢献した

何と言ってもこれ。

細胞培養の素晴らしいところは、医学への貢献度が大きいことです。


なぜかというと、細胞培養技術によって、新しい薬を開発する時にわざわざ人体実験を行う必要がなくなったからです。

細胞培養技術を使うことで、新しい薬剤を開発する時には、細胞の培養液に薬剤を添加するだけで、手軽にその効果や副作用を調べることができるようになりました。


つまり、細胞が私たちの身代わりになってくれることで、薬の効果を簡単に評価できるようになったんです。

もちろんそれだけではなく、遺伝子導入実験・ワクチンの大量生産など、他にもいろんな分野の医学の発展に貢献しています。

細胞培養の技術によって、今の医学研究の基礎が作られているのです。

今まで行われてきた素晴らしい研究も、細胞培養技術という土台があったからこそ生まれたものなのです。

 

 

2.ガン細胞を有効活用できる

ガン細胞って聞くと、悪いイメージしか思い浮かびませんよね??

なぜなら、日本人の死亡原因の第1位が「がん」だからです。

でも実は、ガン細胞もちゃんと医療の発展に貢献しているんです。

ここでまず、ガン細胞がどのようなものなのか、軽く説明しておきたいと思います。


普通の細胞は、細胞分裂を繰り返すと、最終的には細胞分裂をすることができなくなり、細胞が死んでしまいます。

ですが、ガン細胞の場合、細胞が死ななくなるという異常な現象が起こって、無限に分裂するようになるんです。

そして、ガン細胞がどんどん増殖し、正常な細胞が必要とする栄養を奪い取ってしまいます。

そのため、ガン細胞が増えると組織や器官が正常に働かなくなったり、ガン細胞の周りの細胞が死んでしまったりするんです。


そんなイメージの悪いガン細胞ですが、ちゃんと医療の発展のために活用する方法もあるのです。

がん細胞の活用法として最も一般的なのが、無限に増殖する性質を利用して実験用の細胞を増やすということです。

 

つまり、がん細胞を培養することによって、いろんな薬品や培養条件の効果を確認する事ができるんです。


がん細胞は、「薬の開発」の他にも、遺伝子を導入してその働きを調べたり、ウィルス感染のメカニズムを解明したり、ワクチンを大量に生産したりと、研究に活用するメリットはたくさんあります。

 

3.素晴らしい研究材料「ヒーラー細胞」の培養

ガン細胞の中でも、特に有名な細胞があります。

 

それが「ヒーラー細胞」と呼ばれる細胞です。

 

なぜ「ヒーラー」という名前が付いているのか気になりまよね??


ヒーラー細胞のヒーラーは、実はがん患者の名前のイニシャルから来た名前なんです。

1951年に、アメリカのゲイ博士が、大学病院の患者さんのガン細胞を培養したところ、その細胞がものすごいスピードで無限に増殖し続けたのです。


増殖のスピードが早くて無限に細胞分裂する細胞は、とても素晴らしい実験材料になります。

 

そこで、ゲイ博士はこの素晴らしい実験材料となる細胞に患者さんの名前であるヘンリエッタ・ラックスのイニシャルをとって、このガン細胞を「ヒーラー(HeLa)細胞」と名付けたのです。


そして、この細胞はたちまち有名になり、研究材料として広く使われることになって多くの研究に役立ったのです。 

 

まとめ 

いかがでしたか?

細胞培養技術の素晴らしさが、少しでも伝わりましたでしょうか。


細胞培養技術のおかげで、現在の医学は発展してきました。 

細胞の中でも、今ではめちゃくちゃ有名な「iPS細胞」も細胞培養を応用した研究によって見つかりました。


その他にもガンやエイズの治療法を研究するために細胞培養技術が使われています。

 

そう考えると、細胞培養って今の研究の根本的な部分を支えているとても大切な技術なんです。

その技術が確立されているからこそ、より高度な研究が行われ、素晴らしい発見が次々と生まれているのです。

この記事がきっかけとなって、少しでも細胞培養技術に興味を持っていただければ幸いです。