読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「安定した職業」を求めて公務員になったり資格を取ることに激しく抵抗を覚える理由

f:id:yoshitokamizato:20160331195924j:plain

日常生活において、いろんな人と会話をする中で、たまに「公務員になったら?」とか「資格取ったら?」って言われることがあります。

 

その話を聞かされるたびに、激しく抵抗を覚えます。

 

もちろん、志を持って公務員や資格を活かした仕事に就くのは大賛成です。やりたいことがそこにあるなら、迷わずその仕事を目指すべきです。

 

ただ、ぼくが公務員や資格を勧められることに対して激しく抵抗を覚える理由は、他のところにあります。

 

「公務員なっとけば安心だよ」

「今後のために資格取っておいた方がいいよ」

 

そういうことを言われると強い拒絶反応を示します。そういう理由で仕事を勧めてほしくない。もっと高い志はないのでしょうか?

 

「やるなら自分だけでやってくれ」心からそう思います。

 

 

安定のために仕事してて楽しいの?

f:id:yoshitokamizato:20160328065726j:plain

安定だから、安心だから「公務員」や「資格系の仕事」をするんでしょうか?

 

そういう視点から仕事を選んで、本当に胸を張って自分の仕事を誇ることができるのでしょうか?

 

確かに安定・安心は大切です。

 

ただ、それだけが仕事を選ぶ基準ではないはず。もし、将来が保障される仕事についたとしても、その仕事を好きになることができなければ、働くことに嫌悪感を抱いてしまえば、一生続けていくのは難しいのではないでしょうか?もし続けることがとしても、そういう人生って楽しいですか?

 

ぼくは自分がやりたい仕事をしたい。自分が誇れる仕事をしたい。研究者になったのもそういう理由からです。

 

確かに先生になる道も、地方公務員になる道も、資格系の仕事をする道もあった。でもやっぱりなりたいのは研究者だった。他の道には魅力を感じなかった。

 

 

安定ってなんなんだろう?

f:id:yoshitokamizato:20160330195931j:plain

そもそも、安定ってなんなんでしょう?

 

公務員だからとか、資格持ってるからとか、それがどれだけ安定を確保していることになるのでしょう?

 

今は安定していると言えるかもしれません。でも、これから先どうなるかはわかりません。現に、公務員も給料を減らされてきているし、普通に休日出勤をさせられることもあります。手取りが安いから、裏でバイトをする公務員の方もいる世の中です。

 

これって、本当に安定ですか?ぼくは、全くそうは思いません。

 

ちなみに、こういう話もあります。

www.asakatsu21.com

 

コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。

 

たとえば、『Google Car』に代表されるような無人で走る自動運転車は、これから世界中に行き渡ります。そうなれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失うのです。

 

これはほんの一例で、機械によって代わられる人間の仕事は非常に多岐にわたります。

 

私は、米国労働省のデータに基づいて、702の職種が今後どれだけコンピューター技術によって自動化されるかを分析しました。

 

その結果、今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至ったのです。

 

現在ある仕事のうち、47%がコンピューターにとって代わられるという話もあるんです。これ、結構有名な話で、将来的にはほぼ確実にそうなると言われています。

 

そうなった時、安定な仕事なんてあるんでしょうか?少なくとも、試験をクリアさえすればできるような仕事なんて、すぐに人工知能に奪われるんじゃないでしょうか?

 

もっと人間にしかできないこと。さらに欲を言えば、自分にしかできない仕事を探すべきじゃないでしょうか?

 

 

リスクを恐れても意味がない

f:id:yoshitokamizato:20160322070526j:plain

会社が倒産するかもしれないとか、クビにされるかもしれないとか、そういうの考えてても仕方ないじゃないですか。だって、リスクのない仕事が今の世の中にどれだけあるんですか?

 

むしろ、リスクが怖いなら、それを乗り越えられるだけの実力をつけるべきでしょう。自分自身の能力を高めること、それが最善のリスクヘッジです。ただリスクを避けて挑戦しないのは、リスクヘッジでもなんでもありません。それは逃げてるだけです。

 

 

ぼくはリスクヘッジしながら前に進みます

f:id:yoshitokamizato:20160331201010j:plain

結局はこれしかないと思うんですよね。リスクを恐れすぎると前には進めない。かといって、無駄にリスクを冒しても意味がない。

 

大切なのはリスクヘッジしながら前に進むということです。

 

下手な例え話ですいませんが、車だって、夜道を走るときは前の道をライトで照らしながら走るじゃないですか。

 

大切なのは、そういう感覚じゃないですか?

 

「夜道が怖いから外に出ない」だと、どこへ行くこともできません。

 

何かをするためには、リスクは必ず出てくるものです。考えなければいけないのは「そのリスクをどう乗り越えるか?」ということです。

 

ぼくはこれからも、リスクを冒しながら前に進んでいきます。どんどん新しいことに挑戦していきます。

 

なぜなら、自分にしか歩めない人生を歩みたいからです。

 

だからどうか、安定だけを理由に仕事を勧めるのはやめていただきたい。

 

ぼくはそういう人間じゃないので。

 

 

ツイッターやフェイスブックでブログの更新お知らせ中!!

 

フォローお待ちしております!!