人工知能をプログラミングできる人材を目指そう!仕事がなくなる心配をしている場合じゃない!

f:id:yoshitokamizato:20160413204434j:plain

最近、ほんとうによく耳にしますね、人工知能。

 

でも、無視するわけにはいかないんです!なぜなら、人工知能が私たちの仕事と密接に関わるようになる時代は確実にくるからです!

 

これからどんどん仕事が奪われるらしいです。

 

人工知能が進歩するほど「格差」が拡大するそうで。

最近、こんなニュースばかりですね。

 

こうしたAIとシェアード・エコノミーの融合が進むことによって、2030年には4億人が利用する「自動運転によるシェアード・カー時代」が到来すると言われている。

 

これは2030年には、総人口の約30%が65歳以上となるなど、高齢化が進む日本にとっても朗報。病院への通院や、要介護者の移動などが格段に便利になるだろう。

 

なんというバラ色の世界か、と思われるかもしれないが、ここに一つの「落とし穴」がある。

 

こうした先端技術が普及すればするほど、職を失う人が急増するからである。

 

実際、自動運転車によるタクシーサービスが普及すれば、現在のタクシー運転手はほとんどが職を失う。

 

当局発表モノなどであれば、人工知能は記事を書くこともできるので、そうした単純作業しかできない記者たちも仕事を奪われる可能性が高い。実際に一部のメディアではすでに、「AI記者」が実用化されている。

 

 

仕事が消える分、新たな仕事が生まれるといいですね。

今はその情報が圧倒的に足りません。

みんな「仕事が消える」というところにしか目がいっていない。

 

人工知能時代に新しくできる仕事はないのか?

今は人工知能に詳しい人材が足りていないみたいですね。

 

 ・・・人が足りない。

 どう考えても足りない。

 

 いまさら遅いかもしれないが、いま大学三年生の人がいたら、文系だろうが理系だろうが、とにかく今すぐAIの研究を始めたほうがいい。

 

なんかもう、とりあえず足りてないらしいです。笑

 

圧倒的に人工知能を開発できる人材が足りてないんですね。

これなら、今からでも人工知能に関する知識を詰め込んでおけば、もしかしたら仕事がもらえるかもしれません。

 

開発に必要な言語は「Python」のみ

開発に使う言語は「Python:パイソン」だけらしいですね。

思ったより、習得すべき言語は少なくておどろき。

 

Webプログラミングは最低でもHTMLCSSSQLJavaScript、そしてPHPまたはRubyその他を覚えなければならず、合計5言語を使わないと作れないのでハードルが高すぎる

 

3Dプログラミングは高度な数学的理論と背景を理解したうえでハードウェアの特性も考慮してプログラミングしなければならず、しかもCまたはC#GLSLなどのシェーダー言語、最低二言語を使いこなす必要がある

 

enchant.jsによるゲームプログラミングはこの上記2つに比べると(3Dでさえ)最も簡単だが、ゲームを作るという行為そのものが極めてクリエイティブなため敷居が高い

 

人工知能プログラミングをやるために覚えなければならない言語はPythonだけである(torchを使う場合はLua)。しかもプログラムが短くて済む。理解すべき理論はそれほど複雑ではない。

 

これ読むと「おれにもできそう!」って思っちゃいますよね。

 

 

「Webプログラミング」と「人工知能プログラミング」どっちをやるべきなんでしょう?

そこら辺の判断が難しいですね。

 

まとめ

これからの時代、人工知能が普段の生活により深く進出してくるのはまちがいありません。

だからこそ、仕事を奪われることを恐れるのではなく、それを開発できる人間になりましょう。

 

そうすればきっと、そう簡単に仕事を奪われることはなくなるはずです。

これからさきは、IT系に強い人が有利な時代になりそうですね。

 

ぼくももっとプログラミング頑張らねば。