読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミング初心者必見!Rubyの実行環境は思った以上に簡単に作れるぞ!!

プログラミング

f:id:yoshitokamizato:20160414215234j:plain

プログラミングを始めるのって、なんだかハードルが高いですよね?

それもそのはず。

 

なぜなら初心者は、始め方すらわからないから。

 

まず、自分のパソコンでプログラミングの練習をできるようにするためには、「実行環境構築」をしないといけません。

それができないと、いくらプログラミング言語を書いても実行することができないんです。

 

だから、まず初心者が一番最初に壁にぶつかるのが「実行環境構築」なんです。

 

最初は、ぼくもなにがなんだかわからず、ちょっとプログラミングを始めるのをためらっていました。

でも、やってみたら思った以上に簡単にできたんです。

 

というわけで、ついに自分のパソコンでRubyを実行できるようになりました。

 

プログラミング学習を始めるかどうか迷っているそこのあなた、Rubyは思った以上に簡単に実行環境を作れますよ!

 

いや〜嬉しいなぁ。

あとはひたすらコードを書く練習をするだけですね。TECH::CAMPが始まるまで追い込みます。

 

せっかくなので、ぼくが実行環境を作るまでの道のりを書いていきます。

Rubyの学習に興味があるなら、ぜひ読んでみてください。

 

そもそもRubyって何?

まずは「Rubyって何?」という所から始めてみましょうか。

 

 

Rubyは、それを使用することによって様々なソフトウェアを作ることができます。

そして、そのソフトウェアを使ってインターネットのサイトを作ることができるんです。

 

身近な例でいうと、TwitterやクックパッドのサイトなんかがRubyで作られています。

 

実は、Rubyは私たちの生活にとって、とても身近な言語なんですよね。

「Twitter」なんて、ぼくめちゃくちゃ使ってますからね。

知らず知らずのうちに、昔からRubyのお世話になってたようです。

 

それでは、軽く説明も終わったところで、ここからどんどん実行環境を作っていきます。

最後は「簡単なプログラム」を作製するとこまでいきましょう。

 

これさえ乗り越えれば、あとはめちゃくちゃ楽しいですよ。

ゲーム好きな人はきっとはまるはずです。

 

必要なのは「ターミナル」と「テキストエディタ」だけ!!

Rubyを実行するのに必要なのは「ターミナル」と「テキストエディタ」だけです。

思った以上に、準備するものは少ないですよね。

 

「テキストエディタ」にコードを書いて、「ターミナル」で実行する。

これがプログラム実行の流れです。

 

ちなみにぼく、Macユーザーです。

なので、Windowsを使用している場合は「ターミナル」を「コマンドプロンプト」と置き換えて考えてください。

 

注意として、Windowsユーザーの場合はまず、Rubyをインストールする必要があるようです。

 

Macの場合はその必要はありません。

だから、Ruby学ぶなら最初はMacで練習するのがオススメですね。

 

Ruby実行の簡単な手順

 

 ③の「ターミナルで実行する」で注意しなければいけないのが、テキストエディタを保存した場所に移動するということです。

まぁ、これはやりながら説明することにしましょう。

 

 

ここの壁さえクリアーできれば、あとはひたすらコードを書く練習をするだけです。

 

 

テキストエディタのダウンロード

まず、テキストエディタをダウンロードしましょう。

 

ぼくが使っているのは「mi」です。

特にこれを選んだ理由はありません。

なんとなくです。笑

 

ダウンロード方法については、こちらに書かれているので、それに従ってダウンロードしましょう。

 

techacademy.jp

 

ターミナルの起動

次にターミナルを起動します。

 

Macのトップ画面の上の方から「移動」をクリック

f:id:yoshitokamizato:20160414203539p:plain

 

次に「アプリケーション」を選択

f:id:yoshitokamizato:20160414203718p:plain

 

「ユーティリティー」を選択

f:id:yoshitokamizato:20160414203917p:plain

 

はいターミナル発見です。

これで実行準備完了!

f:id:yoshitokamizato:20160414204113p:plain

 

コードをテキストエディタに書く

なんか、プログラマーの儀式的なものがあるらしいんですよ。

 

「最初はこれやるでしょ!」的なことがね。

 

何かと言うと「Hello world!」って表示させることです。

これがどうやら、プログラミングの第一歩らしいんですよ。

なので、一応やってみましょう。

 

テキストエディタには「puts 'Hello, world!'」って書きます。

あ、カギカッコの中だけですよ。

そこだけ書いてください。

 

で、書いたら保存!

これは絶対に忘れちゃダメです。

何か書いたらすぐ保存をしましょう。

そうしないと、編集したものが反映されません。

 

 

保存先は「デスクトップ」です。

保存先も間違うとややこしくなるので、今回はデスクトップに保存しましょう。

 

名前は「ruby.rb」で!これも間違うと、これまたややこしくなります。

この記事に沿ってやるなら「ruby.rb」で統一でお願いします。

f:id:yoshitokamizato:20160414204657p:plain

f:id:yoshitokamizato:20160414205215p:plain

 

ターミナルで実行

さっそく、書いたプログラムをターミナルで実行します。

まず最初に、テキストエディタを保存した場所に移動するということをやってみます。

 

ターミナル起動して「cd desktop」と入力します。

で、enterキーを押す!

「タァーンッ!」って押す!

 

f:id:yoshitokamizato:20160414205402p:plain

 

これで移動が完了です。

 

そうすると、上の画像のような表示になります。

「yoshito$」の部分はユーザー本人の名前になってるはずです。

 

f:id:yoshitokamizato:20160414205552p:plain

 

で、その後に「ruby (さっき保存したテキストファイルの名前)」を入れます。

 

この記事の場合は「ruby ruby.rb」です。単語と単語の間は半角スペースで!

これも間違うと動きません!

 

それを入れてenterキーを「タァーンッ!」って押すと、、、、。

 

f:id:yoshitokamizato:20160414210315p:plain

 

「Hello, world!」が出ました。

これでぼくもプログラマーデビューです。

 

一度実行できれば、あとは色んなコードがプログラム通りに動くかどうか、ひたすら練習を繰り返すだけですね。

 

こちらが沖縄バージョン。

あ、ぼく沖縄出身です。

 

f:id:yoshitokamizato:20160414210600p:plain

 

Rubyで自己紹介

 

f:id:yoshitokamizato:20160414210754p:plain

訳:どうも!神里よしとです!よろしくお願いします!

 

季節を答えてくれるプログラム

数字を入れると、その月の季節を答えてくれるようにプログラムを書きました。

 

まずはプログラムの起動から。

テキストエディタの名前は「month.rb」で保存したので、それを実行します。

 

f:id:yoshitokamizato:20160414211524p:plain

 

するとこういう表示が。

 

f:id:yoshitokamizato:20160414211647p:plain

 

で、数字を入れる。

まずは「1」を入れてみます。

そうすると、、、、

 

f:id:yoshitokamizato:20160414211820p:plain

 

よし、ちゃんと出ました。

次は「8」を入れてみます。

 

f:id:yoshitokamizato:20160414211952p:plain

またちゃんと出ました。

 

次はありえない数字「13」を入れてみましょう。

 

f:id:yoshitokamizato:20160414212123p:plain

いやぁ~もう、賢すぎ。

あ、ちなみにこのプログラムのコードはこう書きました。

 

f:id:yoshitokamizato:20160414212335p:plain

 

プログラミングは楽しい

初心者の一番の壁は「実行環境を作ること」です。

これが乗り越えられれば、あとは楽しい世界が待ってます。

 

やってみると意外と簡単なので、ぜひちょうせんしてみてください。

ぼくは今朝から始めて、夜にはここまで作れるようになりました。

 

これからガシガシ、Ruby勉強していきたいと思います。

 

興味のある方、ぜひ一緒にプログラミング始めましょう。