人の考え方に理解を示せる人にこそ、価値のある情報は集まってくる。

f:id:yoshitokamizato:20160503174504j:plain

仕事においても、プライベートにおいても、何をするにも考え方って人それぞれですよね。

 

最近、飲みに誘われることが多くなったのですが、色んな人と話をしていて思うのが、

 

「人は自分の考えを理解してくれそうな人にしか、自分の本音を話さない」

 

ということです。

 

これは、ぼく自身もそうです。結局のところ、人は自分の意見を否定されたくないのです。わかってもらいたいのです。応援してもらいたいのです。

 

だからこそ、わかってくれそうな人にしか本音は言いません。

 

ぼくは、自分の考えをわかってくれなそうな人には、適当に愛想笑いをしたり、あからさまに不機嫌な態度をとってりして、自分から遠ざけるようにします。

 

真っ向から人の意見を否定してくるような人には、絶対に自分の本音は言いません。下手に議論に発展すると、恐ろしく面倒くさいので。

 

どんな持論があろうと、人の意見には理解を示すべき

もちろん、極端に間違った考え方(例えば、これから犯罪を犯そうとしている人)には、正しい意見を述べるべきだと思います。

 

ですが、よっぽどのことでなければ、その人の意見を簡単に否定するべきではありません。なぜなら、考え方は人それぞれであって、どういう考え方を持って生きていくのかはその人の自由だからです。合わないなと思えば、そっと距離を置けばいいだけの話です。

 

良くも悪くも、他人の人生は自分には関係ありません。その人の人生はその人のものです。たとえどんなに自分と違った意見を持っていたとしても「あぁ、そんな意見があるんだな」と思って話を聞けばいいだけのことです。

 

大切なのは、その人の意見を尊重してあげることです。もし言いたいことがあるのであれば、それはアドバイス程度に留めておいた方が良いでしょう。自分の考えを押し付けるのは、よくありません。

 

理解を示せる人にこそ、価値のある情報が集まる

人の考え方に関して理解を示せる人は、多くの価値のある情報を集めることができます。

 

なぜなら人は、自分のことを理解してくれる人にこそ、心を開くようになるからです。そうすると、自分のことを理解してくれた人の役に立つために、どんどんと価値のある情報を提供してくれるようになります。

 

つまり、人の考えに理解を示せない人は情報収集という点において、絶対的に大きな損をしているのです。

 

自分のことを理解してくれない人が困っていても、あまり助ける気はしませんよね?価値のある情報を提供してあげようなんて思わないですよね?

 

だから、人の意見は頭ごなしに否定せず、一度は理解を示してあげた方がいいんです。

 

まとめ

人の考え方を聞いていると、たまに口を挟みたくなることは確かにあります。ですが、頭ごなしに否定せず理解を示してあげるように意識するだけで、思いもよらない有益な情報を教えてもらったりすることもあります。

 

人にはそれぞれ、いろんな考え方があるのですから、すべてに自分の意見を当てはめてはいけません。そうすると、誰も本音を話してくれなくなってしまいます。

 

もう一度書きますが、その人の考えが自分に合わないと思うのであれば、そっと距離を置けばいいだけの話です。

 

だから、人の意見はできるだけ最後まで聞きましょう。口を挟んで、否定するのはやめましょう。そうすると、次につながるような出会いがなくなってしまいます。

 

相手に会話を楽しんでもらうためにも、自分自身が得をするためにも、人の考えに理解を示せるようになりましょう。

 

こういうふうに少し意識を変えるだけで、たくさんの人から価値のある情報を教えていただけるようになりますよ。

 

 

 

ツイッターやフェイスブックでブログの更新お知らせ中!!

 

フォローお待ちしております!!

 

Instagram(インスタグラム)もやっております。 

Instagram