読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩み事を一瞬で消し去るために大切な3つの価値観

オピニオン

f:id:yoshitokamizato:20160510190219j:plain

毎日、何気ない日々を過ごす中で、たくさんの「うまくいかないこと」がでてきます。

 

そのため、誰もが大なり小なりの悩みを抱えながら生活しています。

実際ぼくも、よく小さな悩み事を抱え込んでは、うじうじ一人で落ち込んでいました。

 

そんなぼくですが、最近では今までの自分が嘘であったかのように、ほとんど悩む事がなくなりました。

そして、毎日を楽しく、喜びを感じ、充実した生活を送ることができています。

 

なのでこの記事では、ぼくが余計な悩み事をなくすために大切にした考え方を、あなたにお伝えしようと思います。

 

悩み事のない毎日は、本当に何物にも代えがたい喜びを与えてくれます。

その喜びをぜひ味わってください。

 

 

はじめに

「課題を解決するためには、とことん悩むべき」という意見もあるかと思いますが、ぼくの意見は違います。

課題の解決において、「悩む」ということは全く必要ではありません。

 

ぼくが考える「悩む」とは、「自分には無理かも」とか「難易度が高すぎる」とか、取り組むべき課題に対して「負の感情」を抱いている状態のことを指します。

 

しかし、本当に乗り越えるべき課題があるのであれば、負の感情を抱く必要はありません。

 

なぜなら、その課題に取り組む以上、解決することしか選択肢はないからです。

その課題に対して負の感情を抱いても、それは何のプラスにもなりません。

 

できるかどうかは、考えるべきことではありません。

大切なのは、心から「やりたい」と思えるかどうかです。

 

そのことを踏まえ、ここから先の「悩みをなくすために大切な考え方」を読んでいただければと思います。

 

1. 強烈な危機感を身につける

悩みを失くすために大切なのは、自分自身に強烈な危機感を覚える事です。

ぼくは最近、強烈な危機感を覚えることが2つあります。

 

それは「死」と「お金」です。

 

死について

ぼくは、死はとても身近にあるものだと考えています。

その理由は、最近ぼくの周りで亡くなる方が増えているからです。

 

60年間生きた父ですら、本当にあっけなく亡くなりました。

あんなに元気だった父の姉も、脳出血で倒れて亡くなりました。

つい最近まで仲良く話していた、いとこのお姉ちゃんも、心臓麻痺で倒れて半年以上も意識不明の状態が続いています。

 

他にも、ぼくの周りで亡くなった方の数を上げればキリがありません。

だから、死はとても身近にあるものだと考えています。

 

ぼく自身、もしかしたら半年後や一年後には生きていないかもしれません。

むしろ、明日生きているという保証さえありません。

 

それは、自分だけではなく、周りの人も同じです。

 

母親がいつまで生きているかなんてわかりません。

妹や親戚、友達、知り合い、ぼくの周りにいる全ての人もそうです。

いつまで同じ時間を過ごせるかなんて、本当にわからないんです。

 

だから、ぼくは常に死を意識しています。

だから、後悔しないように生きています。

 

だから、つまらないことで悩んで、時間を無駄にする気はさらさらありません。

本当に大切なことだけに、エネルギーを注ぎこみたいと思っています。

そして、実際そうしています。

 

あなたがもし今死ぬとしたら、「あれをやっとけばよかった」と後悔するものはありませんか?

もしあるのであれば、それに全力を注ぐべきです。

いますぐ行動を起こすべきです。

うじうじ悩んでいる暇なんてありません。

 

死ぬ前に後悔することのないよう、やりたいことを「今」やるべきです。

 

お金について

ぼくは父が亡くなってから、母の精神や身体の状態が心配になり、今の仕事を辞めて実家に帰ることに決めました。

 

utina.yoshitokamizato.com

 

ですが、仕事を辞めることによって生まれるのが「お金」に関する不安です。

 

今のぼくは、会社をクビになればお金を稼ぐ力はゼロに等しいでしょう。

必ず、アルバイトや社員という形で、何かしらの会社に依存しなければ収入を得られないような状態に陥ります。

ぼくは、何があっても自由に動けるように、フリーランスになると決めましたが、今の状態では、それはほとんど不可能に近いでしょう。

 

このままでは、実家に戻ってもただ足手まといになるだけです。

今の状態のまま戻るわけにはいきません。

家族を支えらえるようになるためには、何よりもお金を稼ぐ能力が必要です。

そしてぼくは、家族の誰よりも稼げるようになる必要があるのです。

なぜなら、それが「家族を守る」という役割を与えられた、長男としての義務だからです。

 

だから、自分の力でお金を稼ぐことのできない今の状況に、大きな焦りを感じます。

だから、悩んでいる暇なんてないんです。

だから、色んな事を必死で学ぶんです。

だから、必要な事を必死にやるんです。 

 

今のぼくには、立ち止まっている時間なんてありません。

今日よりも明日。

明日よりも明後日。

そういうふうに、日々進歩していかなければいけないのです。

 

そう考えているうちに、悩みなんてなくなりました。

悩んでいる暇があれば行動します。

立ち止まっている時間がもったいない。

 

2. 心から夢中になれるものを見つける

悩みをなくすために、次に大切なのは「心から夢中になれるものを見つける」という事です。

 

そういうものが見つかれば、うじうじ悩んで立ち止まっている時間が、本当にもったいなく感じるようになります。

 

ぼくが今、時間を忘れて夢中になっているものは「ブログ」と「プログラミング」です。

 

ブログ

ブログを始めてから、本当にたくさんのいい事がありました。

 

自分よりすごい人達に簡単に会えるようになりました。

たくさんの同じ方向を向いている仲間に出会えました。

「話したい」と言ってくれる方が増えました。

「影響を受けた。刺激になった。」と褒めてくれる方が増えました。

いろんな知識を吸収するようになりました。

どんなことが起きても、前向きになる事ができました。

 

、、、、、、、、あぁ、書いていたらきりがない。

 

時間を忘れて夢中になるとは、まさにこのことです。

今やブログは、ぼくにとっては生活の一部となっています。

何をしていても、書きたい文章が浮かんできます。

家に帰ると、自然にパソコンを開いています。

パソコンの前に座ると、勝手に手が動いています。

 

ぼくは今、本当にブログに夢中です。

 

プログラミング

ブログほどではありませんが、プログラミングに関しても、時間を忘れて夢中になって楽しんでいます。

 

今後ぼくがお金を稼ぐために、プログラミングはとても重要なスキルになるので、これからさらに力を入れていく予定です。

今週からTECH::CAMPのプログラミング学習もスタートするので、ますます時間を忘れて夢中になることでしょう。

 

utina.yoshitokamizato.com

 

ぼくは元々ゲームが好きなので、プログラミングにとてもハマってしまいました。

こんなに実用的でお金に直結するゲームは、他にないと思います。

もっと高度なスキルを身につけて自分が作りたいものを作れるように、この一ヶ月間はプログラミングに没頭することにします。

 

なので今月は、ブログの更新頻度が少し落ちるかもしれません。笑

 

3. 脳のエネルギー消費量を理解する

最後はちょっと、科学的なお話しをしましょう。

 

脳は体の中でも莫大な量のエネルギーを消費する臓器です。

その量はなんと、体全体の20%にまで上ります。

 

全体重の50%をしめている筋肉でさえ、エネルギー消費量は脳と同じ20%なのです。

つまり、脳はそれ一つで、体全体の筋肉と同じだけのエネルギーを消費していることになるのです。

 

その莫大なエネルギーを悩むために使うのは、とてももったいないことだと思いませんか?

 

筋肉と同じで、脳も使えば使うほど疲れます。

悩むことで脳が疲れてしまっては、本末転倒です。

それでは、何ひとつ意味のある行動を起こせなくなってしまいます。

 

だから、いちいち小さいことで悩んではいけません。

エネルギーは有効活用するべきです。

 

余計なことで悩まなければ、必要な時に、必要な物事に、必要なだけのエネルギーを注ぎ込むことができるようになります。

 

まとめ

ぼくは、「悩む事に意味はない」ということに気づいてから、毎日が楽しくなりました。

 

小さなことで悩んでいた時は、何をするにも気持ちが前に進まず、それが大きなストレスになっていました。

それが、ちょっと思考法を変えるだけできれいになくなるのです。

 

いや。

正確には、悩むことがなくなったというより、「悩むことがもったいなく感じるようになった」と表現した方が正しいでしょうか。

 

最近は本当に、悩むことにエネルギーを費やすのが、とてももったいなく感じるようになってきたのです。

 

今は、余計なことに一切のエネルギーを使いたくはありません。

ぼくは本当に必要なことだけに、そのエネルギーを使います。

 

だからぼくは、悩むことをやめました。

だから、必要なことだけを考えることに決めました。

 

そうすると、身の回りのことがうまくいくようになりました。

そして、今までよりもはるかに、人生が充実したものになりました。

 

ぼくは今まで、悩みから目を背けることは、逃げることだと考えていました。

でも、それはどうやら違うようです。

 

人生を充実させるために、悩む必要はありません。

大切なのは、余計な悩みを捨て、必要なことに全てのエネルギーを注ぎ込むことです。

 

もしよかったらあなたも、この記事を参考にし、悩まないことに挑戦してみてください。