読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「優秀なコードを書くエンジニア」と「優秀なエンジニア」は違う!ぼくは優秀なエンジニアになりたい!

プログラミング IT

f:id:yoshitokamizato:20160515104132j:plain

おはようございます!

昨日、テックキャンプのキックオフ会に行ってきて、ますますプログラミングに対するモチベーションが上がったかみざとです。

 

せっかくプログラミングを習うのだから、できるだけ高いプログラミングスキルを身につけて、自分で色々便利なサービスを作れるようになりたいと思います!

 

なんせ15万くらい払ってますからね!

元を取るつもりで頑張りますよ!

というか、絶対に元を取りますよ!

ぼく今めっちゃ貧乏なんで!!!!(切実)

 

まぁでも、「1ヶ月後に何ができるようになっているのか?」ということを考えると、今は楽しみで仕方がありません。

挫折しないように頑張ろうw

 

 

 

で!

 

ぼくは別にエンジニアではないのですが、プログラミングを学ぶ以上、やっぱり「優秀なエンジニアとはどういうものなのか?」っていうことが、めちゃくちゃ気になるわけですよ。

どうせならもう、この1ヶ月はIT企業に入社した新人エンジニアになりきって、プログラミング学習を進めていきたいんです。

 

んで、こういうことを考えてながら情報収集している中で、めちゃくちゃ勉強になる記事を発見しました。

そうです、我らがテックキャンプ様の記事でございます。

ありがたや、ありがたや。<(_ _)>

 

優秀なエンジニアとは?

blog.tech-camp.in

 

真子:

現在はエンジニアのチームをマネジメントする立場だと思いますが、和田さんは、優秀なエンジニアとはどのような人だとお考えですか。

 

和田:

「優秀なコードを書くエンジニア」と「優秀なエンジニア」は別です。うちの会社では「優秀なエンジニア」を採用してるんですが、それは「なりたい将来像を明確に描ける人」だと思っています。結局いいコードが書けても良いサービスが作れなかったら全く意味がないじゃないですか。

 

良いコードが書けるものもちろんなんですが、大事なのは、良いサービスを作るっていうゴール設定ができる人。

 

さらに言えば、5年後10年後の将来的なゴール設定ができる人が優秀だと思いますね。逆に、そういった見方ができない人は、結局成長しないんですよ。

 

おぉ〜、優秀なエンジニアとは「なりたい将来像を明確に描ける人 」なんですねぇ〜。

今まで、優秀なコードかければそれでいいと思っていました。

なんか、、、、、、、すいません。

 

いいサービス、リリースできるようになりたいですねぇ〜。

仕様書通りにコードを書くことだけに焦点を当てるのではなくて、クライアント様の使い心地をきちんと配慮したものを作れるようにしたいです。

そのためには、やはり実際に使用される現場のことをよく理解した上で、サービスを作り上げることが重要なんでしょうね。

 

 

 

よし!

なりたい将来のエンジニア像決まりました!

 

ぼくは研究現場をよく理解したエンジニアになります!

 

今だと、化学や生物系の研究者でありながら、プログラミングスキルを持った人ってなかなかいないと思うんですよね。

だからぼくは、研究現場をよく理解したエンジニアになって、現場に最適なプログラムを組み、研究スピードを加速させられるようなエンジニアになります。

そうすれば、人材としての希少価値が少しくらいは高くなるのではないでしょうか?

 

プログラミング学んで、それが研究にどういうふうに活きてくるのか?

そういうことを考えるとワクワクしてきますねぇ〜。

 

あ!

プログラミング学習終わったら、「無料でプログラミングについて教えます!」的な企画をやろうと思うのでよろしくお願いしまーす!

テックキャンプの教材の流用は一切致しませんので、ご了承ください!

 

とりあえず、人に教えられるレベルになれるようにがんばろー!

燃え尽きないように、ほどほどにがんばろー!(すでに逃げ腰)

 

 

LINE@始めました。

ぼくが「みんなに教えたい!」と思う情報を発信しています。

よかったら、友達追加してください。

 

友だち追加数

 

ツイッターやフェイスブックでブログの更新お知らせ中!!

フォローお待ちしております!!

 

Instagram(インスタグラム)もやっております。 

Instagram