読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偉人達は決まって、失敗ばかりしていた。

オピニオン

f:id:yoshitokamizato:20160519061610j:plain

おはようございます。

最近は、毎朝5時起きでプログラミングの勉強をしている神里です。

ね、ねむい。

 

そんな寝ぼけまなこでブログを書いているぼくですが、朝から思わずテンション上がっちゃう記事を見つけたのでご紹介したいと思います!

これ読んで、読者の皆様も朝からテンション上げちゃってください!

その記事は、プロブロガーであるイケダハヤトさんが書いた記事なのですが、そこで紹介されている本にめちゃくちゃ素晴らしいことが書かれていました。

 

ピカソは「駄作だらけ」の作家であることを、あなたは知っているか。

www.ikedahayato.com

 

まず、簡単な紹介から。 

イケダハヤトさんといえば、プロブロガーの中でも圧倒的な生産量を誇り、今ではブログの本数が7000本以上にもなる化け物級ブロガーです。

 

そのイケダハヤトさんが「大好き」だと言っている話がこちらです。

 

 

一回の目的ある賭けにはある程度の成功確率しかないとすると、賭けの回数を増やせば増やすほど、成功しやすくなる。何度も挑戦すればするほど、うまくいく確率は高くなるというわけだ。 芸術界におけるピカソの影響力から想像すると、ピカソは想像以上に数多くのサイコロを振ったに違いない。

 

実際、その通りだった。 パブロ・ピカソは生涯に五万点以上の作品を描いた。一〇万点を超えるという説もある。一日あたり二点から四点のペースである。彼は間違いなく、今まででもっとも多作の芸術家だ。

 

一九八〇年、アメリカのニューヨーク近代美術館にピカソの絵が一〇〇〇点展示された。四か月のあいだに一〇〇万人以上が訪れ、常設展示の場所を移動するほどの事態となった。 「作品にこれほど注目が集まる画家をほかに知りません」。こう話すのは、当時同館で絵画・彫刻の主任学芸員を務めていたウィリアム・ルービンだ。

 

このような称賛の言葉を聞くと、ピカソがほかの有名画家の誰よりも駄作の多い画家であることを忘れてしまう。彼の作品の多くは、世界中の地下室で埃をかぶっている。 理由はちゃんとある。ひどい絵だからだ。

 

ピカソには、どの作品が称賛されてどの作品がリサイクルに回されるのか、確信を持って予想することはできなかった。彼は、同等確率の法則に従って、作品がものになるかどうかの賭けをした。その結果、ピカソの作品は彼を成功に導いたのである。

 

このような例はピカソだけではない。 ヴァージン・グループは四〇〇社以上の会社を立ち上げ、グーグルは何百もの製品を作った。アルバート・アインシュタインは何百本もの論文を書き、トーマス・エジソンは一〇九三個の特許を取って何万もの実験を行った。今では有名な話だが、アップルが新しいアイデアを生み出すときは、九〇パーセントが失敗に終わる。

 

引用 成功は“ランダム”にやってくる! チャンスの瞬間「クリック・モーメント」のつかみ方[Kindle版]

 

つまり、ピカソは他のどの画家よりも多くの作品を作り、他のどの画家よりも多くの失敗を積み重ねてきたのです。

それに、ピカソだけではなくアインシュタインやエジソンも、生産量がハンパじゃない偉人だったということがこの話から理解できます。

 

ぼく、研究職やってるからわかるのですが、論文を何百本も書いたり、特許を1000個以上取ったりって、もう本当信じられないレベルですよ。

「ほんとに同じ人間ですか!?」と疑いたくなるレベル。

いや〜、そりゃ偉人として崇められるわけですよ。

だって、それに相当する努力してますもん。

 

この話を読むと、元々の才能も大切なのかもしれませんが、やはりそれよりも大切なのは「量」だということに気づかされます。

量を積み重ねることで、それがいつしか質に転換するのです。

つまり、過去の偉人たちは皆、ぼくからは想像もつかないほどの努力をし、ぼくよりもはるかに数多くの失敗を積み重ねていたのです。

 

何事もただ闇雲にやって「数打ちゃ当たるだろう」という考えで行動するのはちょっと違うと思います。

しかしそれでも、誰よりも量をこなすということ、そして失敗をしながら改善を繰り返すということはとても大切なことだと思いました。

 

よし、もっともっと手を動かそう!

手を動かしながら、失敗と改善を繰り返そう!

 

ブログにしてもプログラミングにしても、まずは「量」を意識していきたいと思います。

文章もプログラムも、書いて書いて書きまくるぞー!

うぉー!!!!!

 

まとめ

あ、最後にイケダハヤトさんの決め台詞をご紹介したいと思います。

 

ぼくは7,000本くらいしか記事を書いてないので、まだまだですね……。

ブログ記事なら、10万本くらい書かないとスタートラインにすら立てないんじゃないかなぁ。

死なないように、書き続けます。

 

まだまだ書くんかい!

10万本も書くんかい!

 

7000本でもすごいのにこれですよ。

俺まだ175本しか書いてないのにw

 

早くスタートラインに立てるようにがんばろー。

1日1万本書けば、10日で10万本だ。

わーい。(遠い目)

 

 

 

あ!

 

本が気になる方はイケダハヤトさんの記事からご購入ください。

ぼくも買ってみようかな〜?

すごい面白そう。

 

www.ikedahayato.com