読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たった2000円で営業の本質(コツ)を学ぶことができて超ラッキーだった話。「Next Stage Tokyo」というセミナーに行ってきたよ!

f:id:yoshitokamizato:20161005204929j:plain

どうも!!

研究者のかみざと(@yoshito410kam )です。

今回は、ビジネスセミナーでめちゃくちゃ勉強になったことをお話ししたいと思います

 

ぼくは普段、研究所にこもって実験ばかりをしているのですが、最近はずっと「営業について学びたいなぁ〜」と思っていました。
というのも、大学・大学院・社会人とずっと実験室にこもって実験をしていたため、これまで営業に関わるようなことは全くなかったからです。

 

しかし、社会人になってから状況は変わってしまい、父親が亡くなったため母親の精神面が心配になり、会社を辞めて地元の沖縄に帰ることになりました。
というわけで、沖縄で新たに仕事を探す必要が出てきたわけですが、転職サイトを一生懸命探しても、沖縄には自分がやりたいと思える仕事がなかったのです。

 

そのため、自分の力で稼げるようになろうと決め、ブログを運営したり、プログラミング講座を始めることにしました。

ですが、自分でビジネスをしてみて気付いたのは「お金を稼げるようになるためには営業力が死ぬほど大事だ!」ということでした。


というのも、自分の力で稼げるようになるためには、集客をして、自分自身を信用していただく必要があるからです。

その過程がしっかりとできなければ、どんなに良いサービスを出しても購入していただくことはできません。

ですが、ぼくはこういう営業職的な部分がめちゃくちゃ苦手で、現在も残念ながら自分がやっているサービス(プログラミング講座)を利用していただくことができていません。

そのため、常日頃から「営業力をつけたい!」と思っていました。

 

で、そう思っていた矢先、友達から招待されたのが「Next Stage Tokyo」というビジネスセミナーでした。

そして、セミナーの内容を確認してみたら、なんと登壇者の方が2人とも営業の方だったんです。

それを見た瞬間よっしゃラッキィィィィー!!!!!って感じで即イベントに参加させていただきました!

 

というわけで、ぼくがこのセミナーを通して学んだ営業の本質についてお話しさせていただきたいと思います。

 

 

営業の本質:びっくりするぐらいお客様を喜ばせる

今回参加した「Next Stage Tokyo」では、「とにかくびっくりするぐらいお客様を喜ばせる」のが営業の本質だということを学ばせていただきました。

そして、やはり登壇者の方は2人とも、それぞれ「びっくりするくらいお客様を喜ばせる」ことを実現できるスキルを持っていたのです。

これが、今のぼくに足りないところなんだと、自分自身の課題が見えてきてとても嬉しい気持ちになりました。

 

そして、ぼくが今までいかに、自分のサービスを利用していただくことしか考えていなかったかを思い知らされました。

今回のセミナーに参加してお話を聞いていく中で、自分本位な考え方しか持っていなかった自分にとても反省しました。

ここで得た知識は、どんな分野にでも活かせるとても貴重なものなので、今後も忘れず活用していきたいです。

 

そして、営業の本質を学ぶと同時に、営業というと暑い中スーツで移動したり、お役様からクレームを言われたりと大変そうなイメージしかなかったのですが、このセミナーを通して「営業ってとても素敵な仕事なんだなぁ〜」と思うようになりました。
ぼく自身、このように価値観がガラッと変わるとは思ってなかったので、参加できてとても良かったです。

 

Next Stage Tokyoとは?

ぼくが参加したビジネスセミナーについて、簡単な紹介をさせていただきたいと思います。
このセミナーは、ビジネスにおいて大きな飛躍を目指している若者たちが集まって、お互いの将来について語り合い、繋がりを増やす場を創ることを活動理念とされているセミナーです。


このセミナーでは、ビジネス面で活躍されている方をゲストとして招待し、対談形式で話が進んでいきます。
また、ゲストとの距離も近く、直接質問をする時間もあり、休憩時間やセミナーが終わった後の打ち上げでも気軽にゲストを含め参加者の方々と交流することができました。

 

それに、ビジネスに関する話をすると言っても全く硬い感じはなく、開始早々にビールが配られた時はびっくりしました。笑
参加者の方もかなりフレンドリーで、ほとんど知り合いがいない中で参加させていただいたのですが、最初から一気に皆さんと打ち解けることができました。
ここまでラフな感じのセミナーは初めてだったのですが、初めて参加するぼくにとってはすごくありがたかったです。

 

また、このセミナーに関する参加資格は特に設定されていなくて、主婦の方や学生の方も参加が可能とのことでした。

そして服装に関しても特に指定はなく、ぼくも楽な格好で参加させていただきました。(風紀を乱さない程度に)

 

というわけで、さっそくこの「Next Stage Tokyo」というセミナーに登壇された方々をご紹介したいと思います。

 

登壇者の紹介

今回の登壇者の方は2名いらっしゃったのですが、とても面白い経歴を持っている方々で、それぞれ違う持ち味があって3時間飽きずにお話を聞くことができました。

さっそく、そのお2人をご紹介したいと思います。

 

山本 寛将(やまもと ひろまさ)さん

f:id:yoshitokamizato:20161005213215j:plain

匠投資顧問株式会社 営業、不動産ナビエスGM

2012年4月 六本木ホストCLUB Ath(現在CLUB AZ) 入店
2012年7月 歴代最速売り上げNo. 1 達成
2013年3月 たった1日で売り上げNo. 1達成し、正式に退店
2013年4月 個人で起業するも失敗し、プライドを捨て...
       4:00-18:00配達の兄ちゃん
       19:00-23:00フリーランス営業、という泥臭い生活を約1年
2014年4月 渋谷の不動産会社ナビエスに外交員として所属
2014年11月 ナビエスの売り上げを前期比2.5倍に押し上げ、
     最優秀営業役職 ゼネラルマネージャー昇格
2015年4月 匠投資顧問株式会社 入社〜現在に至る

 

山本さんは、大学卒業と同時にホストの世界に入り、歴代最速で売り上げNo.1を達成したそうです。
しかもホストになった理由が、睡眠時間4時間しか取らずに働いている父親に恩返しをしたくて、「稼げるようになりたい」と教授に言ったらホストになれと言われたからホストになったとのことでした。

 

いやいやいやいや素直すぎるでしょ

 

ぼくは、心の中で何度もそう思いました。(ご本人もちゃんと自覚されてました)
そのくらい、ぼくにとってホストはハードルが高い職業です。
それをホストになれと言われてなるのは、もうほんとに素直というか、ノリが軽いとういうか、この部分だけで尊敬の念を抱きました。

 

ただ、山本さんは本当に素晴らしく努力をされる方で、お話を聞いていくと表面上はノリが軽く見えるだけで、中身はかなり芯のしっかりした方だと感じました。
なぜなら、ご自分が稼げるようになるために信じられないほどの努力をする方だったからです。

 

配達の兄ちゃんをやっていた時は、朝は4:00に起きて18:00まで仕事をし、その後スーツに着替えて23:00くらいまでフリーランス営業をしていたそうです。
多分、ぼくが同じくらいの努力をしていたら、「俺、配達の兄ちゃんやってたとき、3時間しか寝てなかったんだよねぇ〜(遠い目)」ってドヤ顔で自慢しまくってたと思います。

本当に、ぼくには真似できないほどの努力をされていて、心からすごいなと感じました。

でも、そういう素晴らしい経験をさらっと話せるあたりに、山本さんの人としての大きさを感じさせられます。

 

また、不動産会社ナビエスに入社し、売り上げを前期比の2.5倍に押し上げたことから、努力だけでなく実力も兼ね備えた方であると感じました。
話している時はノリの軽さが目立ちますが、じっくりとお話を聞いていくと、やっぱりめちゃくちゃ頭の切れる方で、とても戦略的に行動される方だと感じました。
ぼくも、そういう頭のいい部分はしっかりと見習っていきたいと思います。

 

藤野 宙 (ふじの ひろし)

f:id:yoshitokamizato:20161005213234j:plain

学生時代の実績

・小学校の時は太っていた事や、家族の事でコンプレックスがあり、人と接するのが苦手で内気な性格でした
・ある一人の男との出会いによってポジティブで前向きな性格に変わる
・痩せる事を目的として始めたバスケで、小学校6年生の時に神奈川県3位に入賞。
・その後中学、高校とバスケ部で副キャプテンを務め、その後社会人バスケチームに所属(現在)

学生卒業後の経緯

・2007年4月 吉本総合芸能学院に入る

・2008年4月 同期600名の中から約80人に残り、プロとしてデビュー
・2009年8月 若手の登竜門のライブで初の1位になり、5クラスある中の4クラスに昇格
・2009年9月 連月で1位になり、3クラスに昇格
・2009年12月 3ヶ月ぶりの1位を獲得で2クラスに昇格
・2010年3月 総合得点で昇格し、遂に1クラスに昇格
・2012年4月 その後、スラダンの湘北高校の様に力尽き、みるみるクラスが降格していき、限界を感じ現役引退。
・2012年7月 株式会社ユニマットライフに入社
・2014年1月株式会社ユニマット 
・2014年3月 株式会社べネックスに入社
・2014年8月 現在の社長と出会い、ヘッドハンティングを受け、株式会社べネックスを退職して不動産業界に飛び込む

2014年9月 トラスティーパートナーズ株式会社に入社。社長と二人で不動産投資の事業部を立ち上げて、現在に至る 

 

藤野さんは、小学校の時は太っていたことや家庭環境のことでコンプレックスがあり、人と接するのが苦手で内気な性格だったようです。
ですが、映画「マスク」の主演を務めるジム・キャリーに出会い、その面白さに暗く沈んでいた心がめちゃくちゃ救われたそうです。
そのことがきっかけで「笑い」の持つ力の大きさに気づき、お笑いに目覚めたとのことでした。


それからは人を笑わせることを意識するようになり、その笑いによってあまりうまくいっていなかった家庭環境を改善することができ、人と接することが苦手であった性格もいつの間にか明るい性格に変わっていたそうです。

そして、高校卒業と同時に吉本総合芸能学院(NSC)に入学。
そこで好成績を残して同期600人の中から約80人に残り、卒業と同時にプロとしてデビューを果たしました。


そして、若手登竜門のライブでも好成績を残し、5クラスあるうちでも最上の1クラスに昇格した経験もあるすごい方です。(ぼくはよくわかりませんが、最上クラスはかなり高いレベルが要求されるとのことでした)
ですが、1クラスになったことで天狗になってしまい、それから不調になってどんどんクラスも落ちていき、芸人としての自分に限界を感じて現役を引退したとのことでした。


芸人を辞めた後、会社に勤めるようになったわけですが、その時にヘッドハンティングに会い、現在は株式会社ベネックスで不動産投資の事業部を立ち上げているとのことでした。

藤野さんは、元お笑い芸人らしく笑いに溢れた発表をされていて、終始笑顔で楽しくお話を聞くことができました。


そのお話の中でもぼくが一番勉強になったのは、ヘッドハンティングを受けるほど優秀なのに、驚くほど謙虚な姿勢でした。

その謙虚な姿勢は、お笑い芸人時代にちょっといい結果を残して天狗になり、どんどんクラスが落ちていった経験から身についたものだそうです。

人は誰でも調子がいいときは天狗になってしまいがちで、それによって今まで大切にしてきた自分のスタイルを見失ってしまうこともよくある話です。


藤野さんのお話をお聞きして、どんなに調子が良い時でも常に自分を見失わず、「自分がうまくいった理由は何なのか?」ということをよく把握しながら前進していくことが大切だと感じました。

また、ご自身もビジネス系のセミナーをやりたいらしいのですが、そこではお笑いの要素も取り入れ、面白くて勉強になるセミナーを企画したいとのことでした。
お笑い芸人の経験から得た強みを仕事に生かされていて、「この人、営業をする人間としては最強の部類に入るんじゃないか?」と思いました。

 

 

というわけで、ぼくとしては大満足の3時間でした。

12/10もあるらしいのですが、ぼくはお知らせを聞いた後、ソッコーで予約しました。

次回が待ち遠しいですねぇ〜。

 

参加費

営業のことに関してかなり刺激があり、今後の人生に活かせるようなお話を聞けたわけですが、それでも参加費は2000円でした!

個人的に、この値段でこの質の高さはかなりコストパフォーマンスがいいと感じました。
そしてさらに、セミナー中はビールを飲みながらお話を聴くことができます!

ただ、ガブガブお酒を飲むのではなく、セミナー中に配られるのは一本だけなので、ちょっとほろ酔い気分になりながら楽しくお話を聞くことができました。

 

個人的には、お酒も飲めて質の高い話も聞けて、酒好きのぼくとしてはかなり楽しいセミナーでしたw

 

まとめ

今回学んだのは、営業においてとても大切な考え方だったわけですが、「あぁ〜いい勉強になったなぁ〜」というだけでは全く意味がないので、きちんと普段の行動に結びつけられるようにしていきたいと思います。

ぼく自身、人の役に立てるようになるためにはまだまだ努力が必要なのですが、今の自分でもできることを探して、ぼくと関わって頂いている方々のお役に立ち、びっくりするくらい喜ばせられるようにどんどん行動していきたいと思います。

 

そのような、とてもとても大切なことに気づかせてくれたセミナーでした。

参加できて本当に良かった。

誘ってくれた友達にも感謝です。

 

ありがとう!!!