読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浦安発のコミックバンド「THEオミコシーズ」にインタビューしてみた!

オピニオン

f:id:yoshitokamizato:20161017172604j:plain

どうも!!

研究者のかみざと(@yoshito410kam )です。

先日、5人の社会人で音楽活動を行っている浦安発のコミックバンド「THEオミコシーズ」にインタビューをしてきました。

 

utina.yoshitokamizato.com

 

THEオミコシーズは個性豊かなメンバーが揃っていて、コンセプトが他にはあまりないようなバンドので、個人的には今後の活動がめっちゃ気になっているところです。

音楽を聴いたり、ライブに行ったりするのが好きな方は良かったらチェックしてみてください。

 

 

THEオミコシーズとは?

f:id:yoshitokamizato:20161017180201j:plain

オミコシーズを一言で表すと、「昭和の匂いがする面白バンド」です。

ノリノリなんですが、どこか懐かしい歌詞とメロディーなんですよね。

あまり最近ではいないタイプのバンドなのではないでしょうか?

少なくとも、こんなに若くて昭和臭い人たちはあまり見たことがないです。笑

 

なんでも、歌のうまさより面白さを重視しているらしく、実際ライブもそういう雰囲気になっていました。

まぁ、ぼくがあれこれ語るよりも動画を見ればどんなバンドか一発でわかると思うので、ライブの様子を載せておきます。

 

 

聞いてみた感じ、全世代に親しまれるような曲になっていて、盛り上げる系の曲が多かったです。

今の若い人たちには、昭和っぽい雰囲気の曲は逆に新鮮で興味を惹かれるのではないでしょうか?

わかりやすく言うと、若いサザンって感じです。(違ってたらごめんね)

 

どうやって曲を作っているのか聞いてみると、色んなジャンルの音楽をミックスして基盤を作っているらしいです。

素人のぼくからはさっぱり想像がつきませんが、なんだか難しそうな事してますね!

色んな要素をつまみ食いしてそれをいい感じに繋ぎあわせるのって、音楽に対する幅広い知識がないと出来ない芸当なのではないでしょうか?

 

というわけで、オミコシーズの歌声はこちらのサイトからも無料で聴くことができるので、よかったら聞いてみてください。

まだ2曲だけですが、どちらも面白い曲です。笑

 

eggs.mu

f:id:yoshitokamizato:20161017181024j:plain

 

THEオミコシーズの目標とは?

将来は、5人全員が音楽活動で生活できるようになることが目標だそうです。

夢がありますよね。

ぼく自身も、独立をして自分の力で稼げるようになりたいと考えているので、とても親近感が湧いて応援したくなります。

 

そして最終的には、、、、、というか、通過点として武道館でワンマンライブをしたいとのことでした。

通過点て、、、、かっけ〜な。

ぼくも「武道館は通過点っす」的なこと言ってみたいなぁ〜。

 

ブロガー風に言うとイケハヤさん??あぁ、通過点っす。的な?

いやぁ〜、恐れ多いわ。

恐れ多すぎるわ。

 

そういうこと口に出せるのかっこいいですよね。

公言するのはほんと大事。

その気持ちに拍手です。


音楽を通して実現したいことは?

THEオミコシーズの音楽を通して実現したいことは「人の思い出に残るものを作りたい」ということでした。

自分の作り上げたものが、誰かの思い出に残るのってすごく嬉しいことですよね。

ですが、それは誰にでも簡単にできることではありません。

音楽を通して人を楽しませることでさえ難しいのに、それをさらに超えて思い出に残るようにしたいとは、、、、、。

 

どうやら、音楽にかける思いは並大抵のものではなさそうですね。

ぜひ自分たちの目指しているものを実現していってほしいです。

 

メンバー紹介

THEオミコシーズには個性豊かなメンバーが揃っています。

一人一人いい味を出しているので、ハマる人にはめちゃくちゃハマるはず。

紹介文は基本ふざけてますが、中身はいたって真面目なので読んでみてください。笑

 

Vocal : Toru Kida

f:id:yoshitokamizato:20160907221834j:plain

リーダー
ほぼ全ての曲において作詞作曲を手掛ける。
天才的な作曲センス、そして一つの物語として完成度の高い詩を綴る。

曲作りのセンスもさることながら、その神に愛された力強い歌声は他の追随を決して許すことはない。

動きのキレはないややデブ。

 

Bass : Masahiro Nemoto

f:id:yoshitokamizato:20161018210040j:plain

サブリーダー
バンド創世期よりTHEオミコシーズを支える守護神。
その佇まいは、何者をも恐れぬまさに獅子たる風貌。

リズム感が悪い。

 

Guitar : Hitoshi Kida

f:id:yoshitokamizato:20161018210146j:plain

幼少期よりギターと共に育ち、ギターと共に食べ、ギターと共に寝る
そんな生活を24年間続けていた為、常人には到底たどり着く事のできない驚異的な音感、そしてリズム感を持つ。
それはさながら音楽の暴力である。

野獣的でありながらシルクの様な繊細なそのプレイスタイルは見る者を一瞬で虜にしてしまう。

末っ子。

 

Drum、Syns、Perc : Kosuke Misumi

f:id:yoshitokamizato:20161018210235j:plain


リズムの魔術師
このバンドが生む奇跡のグルーブは彼の両手両足から生み出されている。
THEオミコシーズのBRAIN。

様々なジャンルの音楽に精通し、その膨大な知識からのアウトプットはまさに歩くビルボードチャートである。

土鍋でご飯が炊ける。
カフェイン中毒。

 

Keyboard : Moemi sato

f:id:yoshitokamizato:20161018210345j:plain

大怪獣
さながら大威徳明王の如き姿を見た者はたちまち恐れ戦き、彼女の前に膝まづくであろう。

バンドのお色気担当。
衣装が毎回ちょっとセクスィー。

さくらんぼキッス☆

 

 

 

 

 

 

 

、、、、、、、、、ね?

 

ふざけてるでしょ?

 

ボーカルはキレのないデブだし、ベースはリズム感が悪い。

ギターは末っ子とかそんなんどうでもいいし、ドラムはカフェイン中毒ってこれもまたどうでもいい。

あとキーボード!!!寝るときはお腹冷やすなよ!!!(そして紹介文が音楽と全く関係ねぇ)

 

って感じでツッコミどころ満載のバンドです。

でも、そういうスキがある感じがいいですよね。

変にオラオラしてるバンドよりは、こっちの方が全然親近感わいてきます。

 

ライブのご案内

そんな癖の強いメンバーが集まるTHEオミコシーズですが、なんと12/17(土)にライブコンテストに出るらしいです!

そしてまた、このコンテストの規模が凄まじい!

なんてったって世界で一番大きいライブコンテストらしいですからね。

 

その大会の名前は「エマージェンザ」!!!

 

www.emergenza.net

 


各国の優勝バンドは、ドイツで開催されるフェスに参加できるようで、それに参加するために優勝を狙っているのだそうです。

で、勝敗を決めるのが観客の挙手の数という。

う〜ん、シンプルでわかりやすい判定方法ですよね。

 

なので、もしバンドのライブを見に行くのが好きで、THEオミコシーズにご興味のある方がいらっしゃったら、ぜひ応援しに行ってあげてください!

ライブは盛り上がること間違い無しなので。

 

で、肝心のチケット代なのですが、なんとなんとTHEオミコシーズのご好意により、ぼくの紹介であれば割引で販売してくれることになりました。

おそらく、差額分はすべてメンバーの負担。

なんて太っ腹なんだ、、、、、、。

 

というわけで、前売りチケットが通常だと2000円のところ、ぼくの紹介だと1500円で購入出来ちゃいます。

なので、12/17(土)がたまたま暇で、偶然にもバンドのライブを聴きに行きたい気分で、奇跡的にも面白さ重視のコミックバンドが好きな方がいらっしゃったら、ぜひTHEオミコシーズのライブを応援しに足を運んでみてください。

チケットに関しては、ぼくに連絡を頂ければ手配したいと思います。

TwitterやFacebookからお気軽にどうぞ(^^)

 

公式SNSの紹介 

THEオミコシーズは、情報発信にも力を入れています。

ライブ情報だけでなく、楽器選びやバンド運営のノウハウなど音楽に関する有益な情報がほしい人は、公式ブログ「おみこしの窓〜バンドのあれこれ〜」をぜひチェックしてみてください!

音楽好きにはたまらない内容となっています。

 

theomikoshis.hatenablog.com

 

そしてこちらが公式ホームページ!

ライブ情報のお知らせをもらったり、曲の視聴もすることができます!

 

The Official Website OMIKOSHI NO MADO

 

 特にブログは面白いので、よかったら見てみてください♪

 

まとめ

動画やメンバー紹介から、なんとなく面白そうなバンドだということは伝わったと思います。笑

ぼく個人としても、他には中々ない味を出していてぜひ売れてほしいなと思うバンドなので、これからも応援していきたいと思います。

頑張ってほしいですねぇ〜!

 

とりあえず、まずは12/17のコンテストがどうなるか見ものです。

楽しみだぁ〜ヾ(@^▽^@)ノ