読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【満席御礼】iPhoneアプリ開発体験講座のご案内(学生バリスタのコーヒー付き)

テックキャンプ プログラミング

f:id:yoshitokamizato:20161120211044j:plain

日本におけるスマホのシェアは、現在ではiPhoneが約50%をしめており、スマホユーザーの多くがiPhoneを使用している時代です。

ぼくの周りでも、iPhone以外のスマホを使用している人は少なく、XperiaやGalaxyを見ると「おっ!珍しい!」と感じるくらいです。

 

そして、そんな数多くのiPhoneユーザーが、必ずと言っていいほど使用しているのが「iPhoneアプリ」です。

皆さんも、アプリを使って電車の乗り換えを調べたり、地図で待ち合わせ場所を探したり、パズドラやモンスト(ちょっと古い?)などのゲームを楽しんだりしているのではないでしょうか?


いまやアプリは、iPhoneのユーザビリティーを向上させる上では欠かせない存在となっています。 

 

そんな便利なiPhoneアプリですが、実は作ることもそれほど難しくなく、初心者の方でも簡単にプロトタイプを開発することができます。

実際にぼくも、テックキャンプのiPhoneアプリコースを体験してみると、webアプリケーションコースよりもはるかに簡単に感じました。

 

その「iPhoneアプリ開発の基礎」を、あなたも3時間で学んでみませんか?

今回ご紹介する講座では、初心者の方でも簡単にiPhoneアプリ開発を体験することができます。

この講座で開発するアプリは、ボタンをタップすると画像が変化するアプリです。 

 

 

アプリ開発と聞くと難しそうに感じられるかもしれませんが、こちらのアプリは早ければ1時間もせずに作れるものです。

現在では、プログラミングに関するハードルは驚くほどに低くなっていて、充実した開発環境のおかげで初心者でも簡単に本格的なアプリを作成することができるようになりました。

これほど気軽にプログラミングを学べる環境が整っている中、アプリ開発する楽しさを知らないのはもったいないので、ぜひ、この講座でその楽しさを実感してみてください。

 

 

講座を受講する6つのメリット

まず、この講座を受講するメリットについて、お話しさせていただきます。

 

1. プログラミングに対するハードルを下げることができる

「プログラミング」と聞くと、多くの方が「難しそう」というイメージを抱くのではないでしょうか?

しかし、前述した通り、iPhoneアプリの作製は驚くほど簡単になっています。

それは、開発ツールとして使用する「Xcode(今は深く知らなくて大丈夫です)」というものが、ユーザーにとってかなり使いやすい設計になっているからです。

そのため、このツールを使用すれば、簡単な操作だけで想像以上に本格的なアプリを作成することができます。

 

そのため、「プログラミングは難しい」というあなたのイメージは、このツールを使えば完全に覆すことができます。

プログラミング初心者だったぼくでも簡単に感じたくらいなので、きっとあなたもそう感じるでしょう。

 

2. オリジナルアプリの作成でプログラミングの楽しさを知ることができる

独学されたことがある方はわかると思いますが、参考書を読みながらプログラミングを学ぶのは超つまらないです。

それは、参考書の勉強方法に問題があって、最初は基本的な文法を練習することから始まるからです。

そのため、「何かを作り上げている」という実感が薄く、プログラミングの楽しさを実感することができず、勉強を続けるためのモチベーションが保てないのです。

 

そのような理由から、本講座ではいきなりアプリを作製するところから入り、作り上げる楽しさを実感していただくことを重視しています。

そして、その過程の中で使用するコードを一つ一つ説明し、「どういう用途でそのコードを書くのか?」ということを理解していただきながら開発を進めていきます。

そうすることによって、コードを書くことの意味・用途を理解し、一つ一つ納得しながらアプリを作成することができるため、楽しくプログラミングを学ぶことができます。

 

3. わからないところをすぐ質問できる

初心者が独学で挫折する一番の原因として「エラー解決の方法がわからない時に、質問できる人がいない」ということが挙げられます。

プログラミングは、大文字や小文字、:(コロン)や;(セミコロン)、スペースを空けるかどうかなど、一文字でも間違えばエラーが出てしまうため、初心者のうちはエラーの嵐に出会います。

そして、プログラミングに関しては、そのエラーを解決できなければ次のステップに進むことは出来ません。

 

しかし、そのエラーを見つけるには、初心者の場合だと1時間以上かかることもザラにあり、エラー解決を自分の力だけでやろうとする時には、計り知れないほどのストレスを感じることがあります。 

だからこそ、エラー解決にたどり着くための思考回路を身につけるためにも、初心者のうちはわからないところをすぐにメンターに聞いた方がいいのです。

 

4. 生み出す喜びを知ることができる

日常生活において、ほとんどの人は「消費する喜び」は知っていても、「生み出す喜び」は知りません。

誰かが製作した番組を見たり、誰かが描いた漫画を読んだり、誰かが作った料理を食べたり、誰かが歌った歌を聴いたり、、、、、、。

挙げればきりがありませんが、この世の中では少数の生産者が価値のある「何か」を生み出し、それを多数の消費者が利用・消費するという構図が出来上がっています。

だからこそ、生み出す喜びを知る人は少ないのです。

 

これは、ブログ運営を通して「文章を生み出す」ということを半年以上続けてきたぼくの経験から言えることですが、ただただものを消費するよりも、何かを作り上げることの方がよっぽど楽しいです。

確かに、価値のあるものを生み出すことには多大な労力がかかり、苦しみを味わうこともあります。

しかし、やはりそれ以上に得られるものは多いのです。

ぼくは、ブログでただひたすら文章を書いてきただけですが、それでも多くの人に情報提供の面で感謝され、ブログ運営やプログラミングなどでも頼られるようになりました。

 

生み出す側にまわると、それに共感してくれる人が集まり始め、やがて今後の人生に大きな影響を与えてくれるような人ともつながることができます。

さらに、自身のスキルが上がり、それが人の役に立ち、感謝されるようになれば、なんとも言えない喜びを味わえます。

そして、その感謝の気持ちが「お金」という形になって、だんだんと自分の元に返ってくるのです。

素晴らしい人達と出会い、感謝され、収入を得ることもできれば、その経験からはとてつもない充実感を味わうことができます。

これ、ほんとですよ。

 

そして、「何かを生み出す」という行為の中でも多くの人の目に触れさせることができるのがネットです。

そのため、ネット上で価値のあるものを生み出すことができれば、それだけ返って来る反応も大きなものになります。

iPhoneアプリは、ネットを介して多くの人がダウンロードし、使用するものなので、価値のあるものを生み出せた時の喜びは、オフラインで何かを生み出すことより何倍も大きくなるでしょう。

 

5. 稼げるようになる

そこまでハードルの高くないiPhoneアプリの開発ですが、それでもクラウドワークスやランサーズなど、プログラミングに関する案件をネット上で紹介しているクラウドソーシングでは、かなり高額な案件も飛び交っています。

 

クラウドワークスの案件例

f:id:yoshitokamizato:20161119203430j:plain

f:id:yoshitokamizato:20161119203441j:plain

特に、二番目の一問一答アプリの作成に関しては、それほど高いレベルのスキルが必要ないにもかかわらず、一案件の単価は10万〜30万となっています。

 

ランサーズの案件例

f:id:yoshitokamizato:20161119203459j:plain

f:id:yoshitokamizato:20161119203510j:plain

こちらに関しても、小規模なクイズゲームアプリの開発だけで、プロジェクトの単価は50万〜100万となっています。

 

つまり、現在ではまだまだiPhoneアプリを開発できる人が少ないため、求められるスキルレベルに対して高額の報酬が支払われるような状況にあるのです。

開発をすること自体楽しいし、初期費用もほとんどかからない。

それでいて、スキルレベルが上がればお金を稼ぐこともできる。

そう考えると、iPhoneアプリの開発は、趣味にするには最高のものじゃないでしょうか?

 

もし、趣味でフットサルをするとなると、ユニフォーム代やシューズ代などの初期費用で軽く1万は飛び、コートレンタル代や交通費、その後の飲み会などを考えれば1回プレーするだけでまた1万以上のお金が飛びます。

それに対して、iPhoneアプリの開発に必要なのは「Xcode」という無料ツールだけだし、たとえアプリを公開できるようにiOS Developper Programに登録したとしても、年会費は11800円(変動あり)で済みます。

 

そう考えると、低予算で始めることができてお金を稼ぐこともできるiPhoneアプリの開発は、かなりコストパフォーマンスの良い趣味と言えるでしょう。(決してフットサルが嫌いなわけではない。決して。)

 

6. 美味しいコーヒーが飲める

本講座では、学生バリスタのカズさんというお方をお呼びして、本格的なコーヒーを飲みながらプログラミングを学ぶことができる環境を整えました。

このオプションは、プラスαと捉えるにはちょっとクオリティー高すぎるかもしれません。

ぜひ、学生バリスタのコーヒーを味わいに来てください。

 

それでは、学生バリスタのカズさんに、少しだけ自己紹介をしていただきたいと思います。

 

学生バリスタの自己紹介


みなさん初めまして。
学生バリスタかずよしです。



僕は今、明治大学商学部の2年生で
府中を中心に学生バリスタとして活動しており、
現在は出張バリスタ、焙煎豆の販売、ノマドコーヒースタンドKAZUの運営もやっております。


前回、コラボイベントとして出張バリスタをやってみたところ、大好評だったため、今回、神里さんとご一緒させていただくことになりました。



コーヒーのリクエストがありましたら遠慮なく言ってください。



どうぞよろしくお願いします。


 

カズさんは、出張バリスタという活動をされていて、学生さんでありながらも、自分の理想とするカフェを開くという目標に向かってアクティブに行動されている方です。

ぼくが学生の頃なんて、ゲームにフットサルと遊ぶことしか考えてなかったんですけどねw

こんなに若いうちから自分の夢に向かって一生懸命活動されていて、ぼくはこの方を心から尊敬しています。

こういう方を見ると、やっぱりつい応援したくなっちゃいますよね。

ぼくのプログラミング講座でも、これから積極的に出張バリスタを依頼し、受講者の方々にカズさんが淹れるコーヒーのおいしさを知っていただきたいと考えています。

 

カズさんのブログはこちら↓

kazuyoshicoffee.com

 

カズさんのブログは、コーヒー豆焙煎の実験をされていたり、ノマドコーヒーに関する報告もあったり、他のカフェの調査記録など、コーヒー・カフェ好きにはたまらない内容となっています。

ぜひ読んでみてください。

 

講座の詳細

本講座の詳細について、ご説明させていただきます。

 

学習内容 

  • iPhoneアプリ作製に必要なものは?【座学編】
  • Xcodeってどうやって使うの?【座学編】
  • アルバムアプリの開発1【実践編】
  • アルバムアプリの開発2【実践編】
  • アルバムアプリの開発3【実践編】

 

基本的に、眠たくなりそうな座学編は20分くらいで終わらせて、ほとんどの時間をアプリ開発の実践編にあてます。

実践を通して、プログラミングの楽しさを体感していきましょう!

 


参加条件

  • プログラミング初心者

  • Macの持参(必須)

  • iPhoneアプリの開発を体験してみたい方
  • みんなで楽しく学ぶ姿勢を持てる方
  • コーヒーの香りと苦味を愛することができる方

 


場所・日時

場所:新宿・貸し会議室・電源ノマドカフェ「BASE POINT」(ベースポイント)(西新宿)

日時:12/3(土) 14:00〜17:00



 

参加費


本講座の参加費は2000円です。


 

3時間iPhoneアプリの開発を学ぶことがで
き、学生バリスタのコーヒーも飲める。

それでいて1時間あたりの受講料は700円弱と、かなり破格の値段設定になっています。


iPhoneアプリ開発に興味のある方には、これ以上美味しい話はありません。(コーヒーも飲めて二度美味しい)


なので、奮ってご参加ください♪
 

 

お申し込み方法


参加される際は、LINE@・Twitter・Facebookのどちらかにてメッセージをください♪

LINE@では、定期的にブログ論やプログラミングに関する情報をテキストや動画などで配信しておりますので、「そういう情報も欲しい!」という方は、こちらがオススメです。(ちなみに、友達追加はスマホからの方が楽です)

定期的に連絡が来るのは嫌だな〜」という方は、TwitterかFacebookをご利用ください。

 

友だち追加数

 

 

まとめ

これだけiPhoneユーザーが増えている中、ただただアプリを使用するだけで、開発する喜びを知らないのはとてももったいないです。

今では、プログラミングを学ぶ環境は一昔前よりもだいぶ充実していて、初心者が参入するハードルはびっくりするほど低くなっています。

 

その中でも、iPhoneアプリの開発に関しては、簡単な操作だけですぐに本格的なものが作れ、それでお金を稼ぐこともできるので、副業として身につけるにしても、かなりオススメのスキルになります。

もし、新しい趣味を探していたり、休日に暇を持て余してるのなら、稼げて夢中になれる趣味をやってみましょうよ。

iPhoneアプリの開発であれば、初期費用もほとんどかからず、楽しみながらお金を稼げるようになりますよ。

 

ぜひ、ぼくから3時間でアプリ開発の基礎スキルを盗み、「稼げる趣味を見つけるための踏み台」として活用してみてください。(注:マゾではありません)