自分の成長を待つよりも、先に商売を始めてしまった方が稼げるようになるし成長もできる

f:id:yoshitokamizato:20161121224210j:plain

ぼくはこれまで、プログラミング学習に関して対面講座やオンライン講座など、様々なサービスをリリースしてきました。

そして、その経験を通して、一つだけ、確信を持って正しいと言える学びがありました。

 

それは、「人に自分のサービスや商品を売るのは、自分が成長してから始めるべき」という考えは持たないほうがいいということです。

 

 

1. 「成長」と「商売」を対として考えることへの違和感

自分で何か商売を始めようとするとき、「もう少し自分のスキルが成長してから商売を始めよう」と考える方は多いのではないでしょうか?

もちろん、会社を立ち上げたり、お店を改装したりと初期費用がかかるものであれば、一度立ち止まって考えた方が賢明かもしれません。

しかし、商売は必ずしも初期費用をかけないとできないのかと言われれば、実はそうでもないのです。

あまりお金をかけなくても、小スケールから始めることは全然可能です。

 

なので、ぼくが思うのは、わざわざ自分の成長を待たなくても、できるところから商売を始めた方が、稼げるようになるし、成長もできるということです。

 

やれることからやる、やりながら成長する

会社を立ち上げたければ、まずはその会社で売ろうとしているサービスや商品を小規模で売り出してみるとか。

飲食店をオープンしようとしているのであれば、まずは出張レストランをやってメニューに載せる予定の料理を提供してみるとか。

 

「成長」と「商売」は、決して対になるものではありません。

むしろ、商売をするからこそ、成長することができるのです。

 

実践でしか身につかない能力は多い

ターゲットをきちんと絞ったり、商品をより魅力的に伝えるコピーライティングに力を入れたり、お客様のニーズを考えたり、サービス内容の充実を図ったり、値段設定を考えたり。

こういう部分って、いくら自分の成長を待ってても、商売を始めない限りはなかなか身につきません。

 

ぼくは、ブログを通して自身のサービスをリリースするようになってから、始めて商売と真正面から向き合えるようになりました。

この意識の変化は、自分のサービスをリリースしなければ、きっと手に入れることはできなかったでしょう。

それくらい、実行するのとそうでないのとでは意識に差が開くのです。

 

2. 「もう少し成長してから」と言っているうちは成長できない

「もう少し成長してから」という言葉は、単に自分のレベルが低いことを言い訳にし、問題を先延ばしにしているだけです。

本当は少し頑張ればいくらでもできることはあるはずなのに、企画を考えるのがめんどくさい、もしくは、短期間で商品をリリースできるレベルにまで自身のスキルを高める努力をしたくないために、「もう少し成長してから」という言葉で誤魔化すのです。

 

3. 今できるサービスをリリースする

もし、自分の好きな事や持っているスキルで稼げるようになりたいのであれば、今できる範囲の中で需要がありそうなことを一生懸命探すことが大切です。

そうすると、たいていの場合、そこまで優れたスキルは必要なくて、アイデア次第でいくらでも商売を始められることに気づきます。

 

ぼくなんて、プログラミングを始めてまだ5ヶ月の超ペーペープログラマーであるにもかかわらず、ドヤ顔で3つも4つもサービスをリリースしてますからね。

それでもありがたいことに、依頼はどんどん増えてきているわけです。

 

世の中のほとんどは初心者

なぜ、ぼくのようなペーペープログラマーでも人に教えてお金をいただけるようになっているのかというと、それは「世の中のほとんどが初心者」だからです。

そのため、初心者の方にプログラミングの基礎的な部分を教えることができれば、ぼくでも充分役に立つことができるのです。

そして、人に教えるという経験によって自分自身も成長することができます。

お金を稼げて成長もできる」となると、これほど効率のいいことはないですよ。

 

あなたが持っている特技のうち、初心者の方からすればとんでもなくハイレベルに映るスキルは必ず存在します。

だからこそ、無駄に商売に対するハードルを上げず、どんどん商品やサービスをリリースしてみましょう。

結局、やらなければどんなニーズがあるのかもわからないんですよ。

 

4. 商売の予行練習をできるのがブログ

もし、これから先、自分の手でお金を稼ぎたいと考えているのであれば、ブログを活用することで、超効果的な練習をすることができます。

なぜなら、ブログ運営では、他のブログとの差別化、ターゲッティング、集客から販売までの動線作り、ファンの獲得・維持など、商売において必要な要素を一通り経験することができるからです。

 

ブログの場合、ランニングコストも月1000円程度と、それほどお金をかけずに最高の練習環境が手に入るので、これから独立を考えている方にとっては、絶対に活用するべきツールと言えます。

単純に、自分のサービスへの動線としてブログを活用するのもいいですしね。

 

まとめ

稼げるようになりたいのであれば、自分の成長なんて待たず、どんどんサービスをリリースしちゃいましょう。

その過程の中でこそ、商売のスキルは向上していくのです。

何も売り出さないことには、何もお金を得ることはできません。

そして、成長もできません。

 

大切なのは、うまくいかないことを乗り越えるために試行錯誤する過程を経験することです。

それによって、嫌なことから逃げない精神力、課題を解決する問題解決能力、原因を追求する論理的思考力が身につくのです。

だから、気軽に商売を始めましょう。(もちろん一生懸命ね)