読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者に優しい!iPhoneアプリの開発に使用するSwiftというプログラミング言語について解説する。

f:id:yoshitokamizato:20161124200208j:plain

前回の記事で、iPhoneアプリの作製には「Xcode」さえあれば大丈夫ということをお話ししました。

そんな高機能なXcodeにより、プログラミングに対するハードルは異常に低くなったわけですが、iPhoneアプリの作製が初心者にとってオススメなのにはもう一つの理由があります。

 

それは、iPhoneアプリ開発で使用するSwiftというプログラミング言語が初心者にとって優しい言語だからです。

 

 

Swiftとは?

Swiftは、iOS・Mac・Apple TV・Apple Watch向けのアプリケーションを開発するためにAppleが2014年に作ったプログラミング言語で、2015年に全世界にコードが公開され、誰でも自由に開発できる言語となりました。

つまり、この言語を習得するだけで、アップル商品で使用できるアプリケーションを開発することができるということですね。

だからぼくは、これからSwiftを学んでiPhoneアプリをリリースし、友達に「おまっ!すげーな!iPhoneアプリ開発できるって!すげーなおまっ!おまっ!」って褒めてもらおうと目論んでいるわけです。

 

このSwiftに関しては、まだまだ作られたばかりなので初心者と経験者の差が他の言語に比べて少ないという、これからプログラミングを始める人にとってはかなり嬉しいメリットがあります。

 

Swiftを学ぶメリットや強み

Swiftの学習をオススメできる理由は大きく分けて3つあります。

 

1. 読みやすくて書きやすい

これは、他の言語と比べてみると一発でわかります。

例えば、「Hello World !」という文字を表示させたい場合、Javaという言語だと

f:id:yoshitokamizato:20161124210216j:plain

という長ったらしいコードになります。

これはもう、初心者の場合だとコードを眺めるだけで眠たくなりますね。

ぼくはもう呪文にしか見えません。

 

それに対し、Swiftの場合は

f:id:yoshitokamizato:20161124210313j:plain

だけ。

さっきのJavaと比べると「へぁ?」ってレベルですね。

これだけで「Hello World !」という文字を表示させることができるんです。

 

もし、あなたがこれからプログラミング言語を学ぼうとした場合、どちらを選びますか?

おそらく、ほとんどの人は「Swiftの方がいい」と答えるでしょう。

Javaの方がいいという人は、よっぽどのプログラミング好きかドMもしくは変態です。

初心者の場合、コードは短い方が覚えやすいに決まってます。

これはもう、火を見るより明らかです。 

 

2. 安定的

Swiftは、不具合がおこりにくく安定したコードを書くことができます。

これはどういうことかというと、「文字」や「数字」を厳密に区別するということです。

まぁ、、、まだわかりにくいですよね。

 

初心者の方には少し難しいかもしれませんが、実は、プログラミングをするときには文字と数字は違うものとして扱われます。

例えば、1と書けば数字として扱われ、"1"と書けば文字として扱われます。

一般的なプログラミング言語であれば「1 + "1"」と書いても、都合よく「これは数字同士を足しているんでしょ?オッケーオッケー!いいよいいよー!」となるのに対し、Swiftの場合は「1 + "1"」と書くと「あ゛?それ数字と文字だろ!足せるわけねーだろざけんなよ!」となるわけです。

怖いですね。

 

つまり、Swiftの場合ははっきりと決まりがあるからこそ曖昧な部分がなく、不具合がおこりにくいコードが書けるわけです。

怒られないように気をつけましょう。

 

3. 動作確認がしやすい

他のプログラミング言語では、コードの追加や修正をした時には、そのシステム全体を動かさないと確認できないという問題がありました。

まぁ、わかりやすく言うと、他のプログラミング言語の場合、動作確認がものすごい面倒くさいということです。

 

しかし、Swiftの場合はコードを書くとすぐに動作確認ができる「対話実行環境」というものがあります。

これによって、

 

ぼく「こう書いたらどう?」

Swift「あぁ、それはこんな感じで動くよ」

 

みたいに、会話をするかのように動作確認ができるのです。

そのため、わざわざシステム全体を動かさなくても、そのコードがきちんと動作するかどうかを確かめることができます。

 

まとめ

何と言っても、初心者がSwiftを学ぶ一番のメリットは「読みやすく、書きやすい」という点にあります。

簡単な言語から学び、まずはプログラミングの基本的な概念を身に付けたいという方は、このSwiftから学習を始めるといいでしょう。

なんせ、小・中学生向けの参考書まであるくらいですからね。

 

この本、実際ぼくも買って読みましたけど、本当にわかりやすかったですよ。

小学生や中学生もトライできるくらいiPhoneアプリの開発はハードルが低いんです。

 

今ならまだiPhoneアプリのエンジニアは少ないし、早めにやっておけば稼げる可能性は十分にあるので、今の内から学習を始めてしまいましょう!

オシャレ・楽しい・稼げるとあらば、やらない理由はないですよ。

これでモテること間違い無し!

※もしモテなくても責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。