読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITエンジニア研修を受けてみて、結局大事なのは「基礎力」だと感じた。

プログラミング 転職

f:id:yoshitokamizato:20170115151948p:plain

どうも、転職先のITエンジニア研修で絶賛消耗中の神里です。

ぼくはこの研修を通して、プログラマーに必要な能力について色々と考えていました。

でも、この答えを出すのって難しいですよね。

 

プログラマーに一番必要な能力って、いったい何なんでしょう?

 

読解力なのか、問題解決能力なのか、検索能力なのか、タイピングスピードなのか。

 

色々と考えはあるかと思いますが、ぼくはやっぱり「基礎力」が最も重要だと感じました。

 

プログラミングの基礎力とは?

ぼくが思うプログラミングの基礎力とは、「基礎文法の理解度」のことです。

結局、どれだけ高度な開発ツールを使うにも、どれだけ高機能なサービスを作るにも、使用するのは基本的な文法なんです。

 

実際の開発では、その基礎文法をたくさん組み合わたものを使用しています。

だから、一見すると難しいことをしてそうに見えるのですが、結局は基礎文法を応用しているだけなんですよね。

実は、そこまで難しく考える必要はないんです。

 

プログラミングを学習し始めるとき、あなたは「こんな基礎文法ばっかりやってて何の役に立つんだろう?」と思うかもしれません。

ですが、開発ソフトやフレームワークを使うようになると、その大切さがよくわかるようになります。

 

とはいっても、基礎文法の勉強は楽しくない

問題はここですね。

いくら大事だとわかっていても、プログラミングを始めた当初からずっと基礎文法の勉強ばかりだと楽しくないんです。

 

実際、ぼくもそうでした。

 

何に使うのかわからない文字の羅列ばかりを見ていても、まったく楽しさを感じなかったんです。

それどころか、つまらなすぎて眠たくなることすらありました。

 

だから学習を始めた当初、ぼくは参考書に沿って勉強するのをあきらめたんです。

そして、楽しく学べる学習ツールを探し始めました。

 

基礎文法を楽しく学べる学習ツール

色々と学習ツールを調べたり、スクールに通ったりした結果、楽しいと感じる教材にはある共通点がありました。

 

それは、「簡単なアプリを作りながら基礎文法を学ぶ」ということです。

 

そして、それを最も安く手軽に実践することができるのがProgateです。

この学習ツールでは、基本的な文法を学びながら、実際に動くプログラムを自分で書いていきます。

その過程の中で、自然と文法の知識を身につけることができるんですよね。

 

そうやって、自分がコードを書いたプログラムが実際に動くところを見ると、めちゃくちゃ勉強が楽しくなります。

 

それに、今の自分の実力を数値化してくれるから、自分のレベルを常に確認することもできるんです。

だから、モチベーションも高く保つことができるわけです。

 

このサービスを使わないでスクールに通うのは本当にもったいないので、ぜひ使ってみてください。

 

そして、もしProgateを一通り学んで、「実際に自分のwebアプリケーションを作りたい」と感じたら、そこではじめてスクールに通いましょう。

web系プログラミングスクールの情報ならこちらにまとめてあるので、良かったら参考にしてみてください。

 

ちなみに、オススメのスクールはDive into Codeです。

 

そこでは、機能を自由に組み合わせ、自分の作りたいwebアプリを作りながらプログラミングを学ぶことができます。

つまり、受講が終了すると、プログラミングスキルも向上し、自分のwebアプリも手に入れることができるということです。

 

基礎文法の大切さを知ってから基礎文法を学ぼう

やっぱり、何事も有難みがわからないと大切にはできないですよね。

 

だから、プログラミング学習をするなら、まず最初はごく単純なプログラムを自分で組み立ててみてください。

そして、実際に動かしてみましょう。

 

そうすると、「どうして基礎文法を学ぶ必要があるのか?」ということがはっきりと理解できるようになります。

 

そのあとに基礎文法を学ぶと、不思議なことにめちゃくちゃ楽しく感じるようになりますよ。笑

 

そうすれば、ぼくと同じように半年もたたずにエンジニアに転職することも可能になるかと思います。

いや、もしかしたら、あなたはもっと早く実現できるかもしれません。

 

なのでぜひ、 Progateから勉強を始めてみてください。

1ヶ月も続けると、プログラミングの楽しさがわかるはずです。