読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【知らなきゃ10万以上損するかも!?】たとえ未経験でもプログラマーに転職するだけならスクールに通わず達成できる。

プログラミング プログラミング講座

f:id:yoshitokamizato:20170219124009p:plain

多くの人は、未経験からプログラマーに転職しようとした場合、「スクールに通わないと難しい」と考えているのではないでしょうか?

 

実はぼくも、プログラミングを全くやったことがない時はそう思っていました。

 

ですが、実際に転職をしてみると、採用の合否とプログラミングスキルは思ったほど関係がないことに気づいたんです。

 

なので今回は、「転職を成功させるために本当にスクールに通う必要があるのか?」という部分に焦点を当てて、お話しさせていただきたいと思います。

 

 

 

最初に

まず理解していただきたいのは、

 

「スクールに通うことが絶対的に悪いと言いたいわけではない」

 

ということです。

 

実際、ぼくも通ってましたし、ブログでもオススメのスクールを紹介したりしています。

エンジニア転職サポートが最強!DIVE INTO CODE(ダイブイントゥーコード)の魅力に迫る!(プログラミング勉強会体験記も記載)

 

わからないところをすぐ聞けたり、自分のサービスを作れたり、転職サポートを受けたりできるのがスクールのいい所です。

 

そのため、独学では実現できないような多くの恩恵を受けることができるのは確かな事実でしょう。

 

しかし、「転職するために必ずスクールに通わなくてはいけないのか?」というと、実はそういうわけでもありません。

 

大切なのは、自分の置かれた状況や人生設計から最善の選択をすることです。

 

そのためにもまずは、スクールに通った方がいい人・通う必要がない人の定義をはっきりとさせた方がいいでしょう。

 

 

スクールに通った方がいい人

ぼくが個人的に、スクールに通った方がいいと思うのは以下の項目に当てはまる人です。

 

お金がかかってもいいから短期間で実力を身に付けたい

もしあなたに金銭的な余裕があって、なおかつ短期間で高いレベルのスキルを身につけたいのであれば、確実にスクールに通った方がいいでしょう。

 

そうすれば充実した環境のもと、基礎から応用まで独学では難しい部分も含め、手取り足取り教えていただくことができます。

 

 

転職サポートを受けて大手に就職したい

スクールの大きな強みは、転職サポートが充実しているところです。

 

転職エージェントと提携をしているところもあるので、自分の力だけでは難しいような大手への転職も、スクールの力を借りれば成功できる確率はグッと上がります。

 

 

フリーランスとして独立したい

フリーランスになると、サービスの企画・開発・ネット上への公開まで、一連の作業を一人でこなす必要があります。(外注するとなると恐ろしく費用がかかるので)

 

となると、それらの流れをスクールで一通り学んだほうが、その後の活動もスムーズに展開することができるでしょう。

 

 

自分でサービスを作りたい

こちらは、起業を考えられている方に多いのではないでしょうか? 

 

自分でサービスを作りたい場合、メンターの方が一緒になって開発を進めてくれるスクールに通ったほうが、圧倒的にスピードは速くなります。

 

 

以上が、 スクールに通った方がいい人の特徴です。

 

 

スクールに通う必要がない人

次に、スクールに通う必要がない人についても考えていきましょう。

 

高額の受講料を払わず転職したい

スクールに通うとなると、だいたい10万円以上の受講料を払う必要が出てきます。

 

となると、転職に伴う引っ越し資金や、次の給料が振り込まれるまでの生活費を確保しながら、受講料である10万円も支払う必要が出てくるのです。

 

これ、お金に余裕がないときは結構辛いですよね。

 

節約が最優先なら、スクールは全くオススメしません。

 

 

転職できるだけのスキルさえ身につければいい

ぼくを見て分かる通り、たとえプログラミングスキルのレベルが低かったとしても、未経験からプログラマーへの転職は可能です。

 

だから、必ずしも高いレベルのスキルを要求されるわけではないんです。

 

実際問題、現場で働くとなると多くの場合が分業制で仕事を進めていきます。

 

つまり、自分の力だけでサービス開発を完結させるだけの実力は必要はないということです。

 

基礎文法がしっかりと出来ていれば、それだけでも現場の方からはものすごく重宝されますよ。

 

 

即戦力にこだわりが無い

低スキルで転職した場合、いきなりプログラマーとして第一線で働けるわけではありません。

 

その場合は、きちんとプログラムが動作するかを確かめる「テスター」という仕事で半年〜1年の実務経験を積み、実力をつけてプログラマーになるのが王道です。

 

そのため、もし地道に下積みすることが苦にならないのであれば「低スキルのまま転職し、実力をつけてからプログラマーになる」という戦略を取った方がいいでしょう。

 

一見すると遠回りのように感じられるかもしれませんが、この方がお金を稼ぎながら実務経験を積めるため、スクールに通うより遥かに効率よくスキルを身につけることができます。

 

プログラマーになりたいのであれば、その世界に飛び込んでしまった方が成長できるのは当たり前のことですね。

 

なので、ぼくはこの戦略を実践しています。

 

 

言語にこだわりがない

「Rubyを学びたい」とか「Swiftを学びたい」とか、特定の言語にこだわりがない場合は、わざわざスクールに通う必要はありません。

 

その場合は、面接官にウケが良さそうな言語を選んで、さっさと転職を成功させた方がいいです。

 

実務経験を積んで1つの言語をある程度極めることができれば、他の言語を学んだ時にもびっくりするほど頭に入るようになってますからね。

 

つまり、後からいくらでも方向転換が効くようになるわけです。

 

だから、特定の言語にこだわりがない場合はスクールに通う必要はありません。

 

 

自分のサービスを作りたいわけでは無い

スクールでは、「短期間で自分のサービスをリリースできるレベルにまでスキルを高めること」を最終的な目標として掲げています。

 

つまり、その目標を達成することに興味のない人は、基礎的な部分だけを学んで転職したほうがいいということです。

 

実務経験を積むことができれば、自分のサービスをリリースできるだけの実力は、後からいくらでも身につけることができますからね。

 

 

以上が、スクールに通う必要がない人です。

 

その項目に当てはまっている人は、わざわざ高額の受講料を支払ってまでスクールに通う必要はないでしょう。

 

意外に思われるかもしれませんが、未経験者の採用をする場合、企業の方が重視するのはプログラミングスキルではありません。

 

実は、他にも重視される部分があるのです。

 

では、実際の面接ではどういうところがチェックされるのでしょう?

 

  

採用担当者が注目する5つのチェックポイント

面接時に採用担当の方が注目するのは、以下の項目です。

 

1. 可能性

いくらプログラミングスキルが優れていても、その人が持つ可能性に期待できなければ絶対に採用されることはありません。

 

あまり手間をかけずに育てることができて、なおかつ、稼働した時にも周りの方々とうまく仕事をすることがができる。

 

採用担当の方は、そういう人材を求めています。

 

だから、たとえ実務未経験だとしても「この人ならすぐに伸びるな」と思ってもらうことができれば、簡単に採用していただけます。

 

 

2. 学ぶ姿勢

いくつかのプログラミング言語や、バージョン・データベース管理ツール、その他の周辺知識を自ら学ぶ姿勢は、たとえ未経験だとしても身につけていなければいけません。

 

「プログラマーになりたいです!!!」

 

といいながら、自分ではなにも勉強してなかったら全く説得力がないですよね。

 

どう考えても、そんな人が入社後に活躍してくれるとは思えません。

 

参考書を買ったり勉強会に参加したりして、自分から学ぶ姿勢をみせることはとても重要です。

 

そういう人は、面接でもかなり好印象を与えることができるでしょう。

 

 

3. 明確な動機

面接で必ずと言っていいほど聞かれるのが

 

「前職はIT業界と全然違うのに、なぜプログラマーになりたいのか?」 

 

という質問です。

 

それに対して、どれだけ明確で説得力のある回答ができるかで、採用していただける確率は大きく変わります。

 

 

4. コミュニケーション能力

プログラマーはスキルが重要なのはもちろんなのですが、それ以前に、人と円滑なコミュニケーションをとれるかが大きなポイントになってきます。

 

やっぱり、一緒に仕事をするなら、コミュニケーション能力の高い人のほうがいいですよね。

 

それは、プログラマーという仕事に関しても一緒です。

 

スキルがあれば誰でもいいというわけではないので、ご注意ください。

 

 

5. プログラマーとしてのビジョン

面接を受ける前から、

 

「将来はこういうプログラマーになりたい」

 

というビジョンは持っておいた方がいいです。

 

そうすることで、未経験からIT業界へ挑戦する気持ちが本気であることをアピールすることができます。

 

それに、将来のビジョンがしっかりと定まっているほうが成長も早いです。 

 

転職活動を始める前に、ぜひじっくりと考えてみてください。

 

 

以上が、「採用担当者が注目する5つのチェックポイント」になります。

 

つまり、上記の項目に関してきちんと対策をすることができれば、転職が成功する確率はかなり高めることができるということです。

 

 

とはいえ、一人で対策をするのは難しい

転職を成功させるために大切なポイントはわかったとしても、具体的に何をすればいいのかを自力で考えるのは難しいですよね。

 

きっと、以下のような悩みが出てくるはずです。

 

  • どのような言語を学べばいいのだろう?
  • どうやってプログラミングの実行環境を構築するの?
  • 基礎文法を自分で学んでも理解できない
  • 面接でどういうふうに話していいのかわからない
  • 志望動機や自己PRに関して他の人がどういう印象を抱くのかわからない

 

プログラミング初心者の場合、まず悩むのが言語の選択と実行環境の構築でしょう。

 

そして、次に面接対策。

 

どうしても、自分一人の力だけでプログラミングを学んで転職しようとすると、不安要素がどんどん湧いてきてしまいますよね。

 

実際、ぼくもそうでした。

 

そして、その不安に耐えきれなくなってスクールに通ったのです。

 

きっと、ぼくと同じように一人で孤独に学習を進めることに対して不安を感じている人は多いのではないでしょうか?

 

そこでぼくは、

 

  • できるだけ低予算でプログラマーへ転職したい
  • 一人で学習したり転職活動をするのは不安がある
  • 未経験から転職を成功させた人の生の声を聴きたい
  • マンツーマンでサポートしてくれる人が欲しい

 

という人のために、あるサービスを始めることにしました。

 

 

ぼくが始めたサービス

f:id:yoshitokamizato:20170219102812p:plain

スクールに通うよりも安い値段で、かつ、プログラミング学習や転職活動の効率を最大限に高めることができるよう、

 

「プログラマー転職コンサル」

 

を始めることにしました。

 

このサービスでは、実際に未経験からアラサーでプログラマーへの転職に成功したノウハウを全てお渡しいたします。

 

とはいっても、ぼくが過去にどういう結果を残して来たのかを知らなければ、その情報を信頼することはできないですよね。

 

なので、まずはぼくがプログラミング関連で過去にどういう結果を残してきたのかをご紹介させていただきます。

 

 

ぼくが残してきた結果

ぼくが過去に残してきた結果は以下の通りです。

 

限られた時間でプログラミングを学んで転職した

ぼくは、プログラミングを始めた当初、本業と両立しながら学習を進めてきました。

 

そのため、

 

  • 本業をこなしながらいかに時間を捻出するか? 
  • どうすれば学習効率を最大限に高めることができるか?
  • モチベーションを高く保つにはどういう工夫が必要か?

 

ということを、常に考え試行錯誤してきたのです。

 

その結果、本業をこなしながら勉強し、プログラマーに転職することができました。

 

 

5000人いる卒業生の中でも優秀な成果を残した

ぼくは、プログラミングスキルを高めるため、1ヶ月間スクールに通いました。

 

そして、そのスクールでの学習スピードが認められ、特待生的な扱いを受けられるようになったのです。(現在、その制度は廃止になりましたが)

TECH::CAMP(テックキャンプ)のエバンジェリストに任命されて教材を無料で見放題になった話

 

この制度は、5000人いる卒業生の中でも特に優秀な人しか選ばれません。

 

そのことから、ぼくは少しだけ、プログラマーに対する適正があることがわかりました。

 

 

過去に20人以上の方にプログラミング(Ruby)を教えた

ぼくは過去に、20人以上の方々にRubyを教えてきました。

 

プログラミング講座に関する記事

 

その講座を受講していただいたブロガーさんたちも、ぼくのレッスンに関して記事を書いてくださっています。ありがたや~。

 

他のブロガーさんが書いてくださった記事

 

そのため、Rubyに関しては、全くの初心者からでも基礎的な部分は一通り教えることができます。

 

また現在は、転職求人数の多いJavaも基礎部分に関してお教えすることができます。(研修でパワーアップしました)

 

 

プログラミング初心者・アラサーから半年でプログラマーへ転職できた

ぼくは、プログラミング初心者&アラサーで学習を始め、わずか半年でプログラマーへ転職することができました。

プログラミング初心者からわずか半年で転職を決めたぼくが利用した学習ツール14選 

 

この経験から、

 

  • どの程度プログラミングを学習すればいいのか?
  • どの言語だと転職がしやすいのか?
  • 面接ではどういうことを聞かれるのか?
  • どういう基準で企業を選んだらいいのか?

 

を学ぶことができました。

 

以上が、プログラミング関連でぼくが残してきた結果です。 

 

これらの経験は全て、これからプログラマーへ転職をしたい方のお役に立つことができると考えています。

 

その経験を伝えるため、「プログラマー転職コンサル」を始めることにしたのです。

 

 

このサービスの強み

次に、他の勉強会やスクールとは違う、このサービスだけが持つ強みについてご紹介していきます。

 

個人の人生設計に合わせたマンツーマンのサポート

このサービスの強みは、学習や転職を効率良く成功させるため、個人の人生設計に合わせてマンツーマンで徹底サポートすることです。

 

そのため、「何のためにプログラミングを学ぶのか?」という根本的な部分からヒアリングを行い、その人生設計に合わせて最善の形で前進できるようサポートします。

 

マンツーマンでの徹底サポートは、プログラミングスクールではまずあり得ないサービスです。(なぜなら人件費に対して売り上げが見合わないから)

 

 

転職先や勉強会で得た情報をすぐにアウトプット&人脈形成サポート

ぼくが転職先でプログラマーとして働いたり、勉強会で得たお役立ち情報に関しては、即座にアウトプットいたします。

 

具体的には、

 

  • プログラマーが働く環境や仕事内容
  • これから流行りそうな言語
  • 他のプログラマーが実践していること
  • 評判のいい教材

 

などです。

 

そのため、リアルで鮮度の高い情報を手に入れることができます。

 

また、先輩プログラマーやフリーランスエンジニアなど、スキルを磨くために有効な人脈もご紹介させていただきます。

 

プログラマーを目指されているのであれば、実際に活躍されている方々との人脈形成は絶対に役に立ちます。

 

 

RubyとJava、2つの言語に関してわからないところを質問できる

コンサルの期間中であれば、RubyとJavaの両方でわからないところはいつでもご質問を受け付けます。

 

Rubyはコードが短くて理解しやすく、かつ、求人数も最近増えてきているので、初心者にとてもオススメの言語です。

 

詳しくはこちら

Ruby(ルビー)を学ぶメリットや、できることって何だろう?プログラミング初心者にもわかりやすいように解説してみた。

 

Javaは、様々な企業のシステムやWebアプリ開発で採用されていて、求人数が多い言語です。

 

こちらはRubyよりもかなり難しいのですが、習得しておくと転職の成功率も大きく高めることができます。

 

それに、Javaを習得することができれば、RubyやPHPなどの理解もはやくなります。(Javaの後にRubyを学ぶとわかります)

 

その両方の言語に関して基礎的な知識を身につけると、きっと面接でも大きなアピールとなるでしょう。

 

一人で学習をしているとわからないことだらけで不安や悩みも多いかと思うので、ぜひどんどん質問していただければと思います。 

 

 

サポート内容

このサービスの具体的なサポート内容は以下のとおりです。

 

1. プログラミング学習&転職の戦略提案

あなたの人生設計に合わせ、

 

「どうすれば少ない労力・コストで最大限の結果が得られるか?」 

 

ということを一緒に考えます。

 

また、サポート期間中はメールでのやり取りも無制限とさせていただきます。

 

つまり、わからないところはいつでも質問し放題というわけです。

 

 

<項目>

  • 言語の選択
  • 学習ツールの提案
  • 学習項目の提案
  • 学習開始から転職までのスケジュール作成
  • オススメ企業の提案
  • 面接のためのアピール材料作り

 

 

2. プログラミング学習サポート

できるだけ少ないストレスで、楽しみながら、なおかつ効率よく学習が進められるようサポートさせていただきます。 

 

 <項目>

  • オススメの学習ツールの紹介
  • 安くてためになる勉強会の紹介
  • 学習において理解できない部分への質問対応

 

 

3. マンツーマンのプログラミングレッスン(2時間)

こちらでは、徹底的にプログラミングの基礎を身につけていただきます。

 

初心者が一番挫折しやすいのが、プログラミングを始める最初の一歩です。

 

なので、ぼくがそこを乗り越えるお手伝いをさせて頂きます。

 

未経験者を採用対象としている会社では、基礎文法をしっかりと身につけているだけでも重宝されるので、やっておくと転職がかなり有利になります。

 

<項目>

  • Rubyの基礎文法

 

 

4. お役立ち情報の配信

ぼくがプログラマーとして働いている中で、「これは絶対役に立つ!」と思ったものを、テキストにまとめてお渡しいたします。

 

平均1000文字、合計5000字以上となっております。

 

<項目>

  • ぼくが実際に採用面接で聞かれた質問とその答え
  • ぼくがこれまで学習してきた項目(オススメ順)
  • 面接で好印象を与えるコツ
  • 知っておくと好印象なIT雑学
  • プログラマー業界の闇情報

 

 

5. 勉強会や現場で得た「プログラマーの生の声」を共有

ぼくの周りにいらっしゃるプログラマーの方々が、日々何を考え行動しているのか?を情報が入り次第、即発信していきます。

 

<発信例> 

  • 他のプログラマーがオススメしているスキル
  • 現場ではどういう人が求められるか?
  • 具体的なプログラマの仕事とはどういうものか?
  • 転職が成功しやすい時期はいつか?
  • こんな変なプログラマーがいるよ

 

 

 

以上が、このサービスのサポート内容です。

 

 

こういう人をサポートしたい

ぼくが心からサポートしたいのは、以下の項目に当てはまる人です。

 

積極的に手を動かすことができる人

ぼく自身がわりと積極的なほうなので、同じように積極的に手を動かすことができる人が大好きです。

 

それに、アウトプットをしていただかないと、こちらとしてもアドバイスのしようがないんですよね。

 

だから、学んだことは即行動に移せる人をサポートしたいなと考えています。

 

 

前向きに取り組める人

なにごとも前向きに取り組める人は、遅かれ早かれ必ず結果が出ます。

 

大体の場合、そういう人は「どれくらいの努力をすればどれくらいの成果が得られる」ということを感覚的に把握しているんですよね。

 

だから、結果として成功するまで行動し続けることができるわけです。

 

 

野心のある人

これまたぼく自身、けっこう野心がある方なので、同じように大きなことを企んでいる人が大好きです。笑

 

野心があった方がモチベーションも上がるし、成長も早くなるんですよね。

 

なので、そういう方はぜひ一緒にでかいことやりましょう!

 

 

というわけで、以上がぼくが全力でサポートしたいと思える人の特徴です。

 

このサービス自体は、困っている人を助けるということを第一の目的として始めました。

 

ですが、実はもう一つの意味もあります。

 

それは、「将来のビジネスパートナーを見つける」ということです。

 

だから、本当に自分が関わっていきたいという方を、ぼくとしてもサポートしていきたいと考えています。 

 

なので、もし将来的に「神里と一緒に仕事がしたい」と考えていただけるのであれば、良かったらこちらのサービスをご利用ください。

 

 

お客様の声

ありがたいことに、転職コンサルやプログラミングレッスンを通して、たくさんの方々から嬉しいお言葉をいただいています。

 

Kさん

神里さんのプログラミング講座は「プログラミングで何がしたいのか」という質問から始まりました。

 

プログラミングの「いろは」から体系的に話が進んでいくものと勝手に予想していたので面食らいましたが、自分がなぜIT知識・技術を必要としているのかを再確認することができたため非常に有益な質問でした。(ちなみに僕はプログラミングの技術を身につけてまずは副収入としてわずかでも稼げればと思っています)

 

それから、システムエンジニアがどういった働き方をするのかを実例を交えながら教えていただきました。

 

「プログラマー」や「システムエンジニア」という言葉ばかりが先行して「具体的にどのように稼いでいるのか」があまりイメージできていなかったため、大変参考になりました。

 

また、プログラミングの基礎を学ぶ手段を幾つか紹介していただきました。高いコストを支払わなくても、実は多様なチャネルが用意されていることを知ることができました。

 

その後、実際に Xcode 上で iOS アプリの作成に入りました。今回は「ボタンをクリックすることで画像をランダム表示してくれるアルバムアプリ」を作成。

 

説明の中で最も印象的だったのが「エンジニアは基本的に効率重視なので、既存のリソースを有効活用する」というもの。

 

それまで僕は、「プログラミングコードを丸暗記して0から100まで全て手打ちしている」のかと思っていました。

 

しかし実際はネットの掲示板でトラブルシューティングもするし、コピー&ペーストも多用するとのこと。

 

プログラミングに対する心理的ハードルがかなり下がりました。

 

そんなこんなでアプリが完成。手取り足取り教えてもらいながら作成したアルバムアプリが作動した時には感動を覚えました。

 

僕はプログラミング知識皆無の素人ですが、それでも一つの作品を作り上げることができたのが嬉しかったです。実際に手を動かして小さな成功体験を積み重ねていくことが、プログラミングを習得する上で重要なのだと気づくことができました。

 

今回は貴重なお時間を割いていただき、本当にありがとうございました。会計の学習の傍ら、少しずつではありますがプログラミングの方にも注力していく所存です。

 

今後とも何卒よろしくお願い致します。

 

 

Tさん

プログミングを始める時に、独学で始めるのと今回のように、かみざとさんに教えてもらいながら学んでいくのとでは、理解度がこんなにも違うのかと本当に驚きました!!
エラーが起きた時にすぐに質問できる人が居ると凄く助かります。


どこがエラーなのか、どうやってそのエラー箇所を探すのかなども、分かりやすく説明して頂いたので、この部分は独学をする上で凄く役立ちますね!
(エラー探しで数時間潰れた僕には特に^^;

 

Rさん

今日は、コマンド、保存までの操作がオンライン、独学で必ず躓く箇所がマンツーマンによりショートカットで学習でき、疑問点が解消されていきました。


プログラミングに対して身構えてたのですが、大変丁寧に分かりやすく教えて頂けたので、プログラミング学習に意欲がでました。ありがとうございました^ ^

 

Sさん

未経験でプログラマーとして転職することが可能かどうか、どのようにして会社を選ぶのかなどの疑問点について、具体的なアドバイスをしていただきました。
今回、神里さんのコンサルを受けることが出来て本当によかったです。ありがとうございました!

 

 

 

本当にありがたいですよね。 

 

こういうお言葉をいただけるたびに、「もっとお役に立てるように頑張ろう」と思えるわけです。

 

それが僕の原動力ですね。

 

 

料金

そんなこんなで、いろいろとご紹介をさせていただいたこちらのコンサルですが、料金は以下の通りとさせていただきます。

 

  • 1時間:¥5980 ⇨ ¥1980
  • 1週間:¥7980 ⇨ ¥2980
  • 1ヶ月:¥9980 ⇨ ¥3980

 

もしお申込みいただけた場合は、上記の期間内で徹底的にサポートさせていただきます。

 

そして、ご希望であればブログコンサルも +¥3000でやらせていただきます。(ぼくの月間最高収益は19万です)

 

 

お申し込み方法

このサービスを利用していただける場合は、以下のSNSからご連絡いただければと思います。

 

特にLINE@は、プログ運営のノウハウやプログラミングに関する情報も合わせて発信しているのでオススメです♪

 

 

友だち追加数

 

 

特典

もし、お申し込みいただいた場合は、スカイプにて1時間の直接面談をさせていただきます。

 

プログラミングに関して、自由気ままにお話をさせていただきます。

 

なので、不安な点や聞きたいことがたくさんある場合はどんどんご活用ください。

 

もちろん、ブログに関して聞きまくるのもオッケーです。 

 

 

最後に

ぼく自身、仕事を辞めて地元の沖縄に帰ると決めたはいいものの、将来の仕事に不安を感じプログラミングスキルを身につけようと考えました。

 

きっと、ぼくと同じように仕事に困ってプログラミングスキルを身につけようと考える方は多いのではないかと思います。

 

しかし、現在ではまだ高い受講料を支払わなければプログラミングを学べないのが現状です。

 

そのため、できるだけ安い値段でプログラミングスキルを身につけ、プログラマーへ転職できる人を増やしたいと思ってこのサービスを始めました。

 

なので、もしあまりお金をかけずにプログラマーへ転職したい場合は、こちらのサービスをご利用してみてください。