プログラミング未経験から挑戦したアラサーがベンチャー企業で開発をやらせていただくことになった

 

当ブログは完全未経験からプログラマーを目指す人のためのブログです

 

f:id:yoshitokamizato:20180506141925j:plain

f:id:yoshitokamizato:20171217212352p:plain

どうも、パラレルワーカーの神里だよ!

  

このたび僕は、2つの会社に務めるパラレルワーカーとなりました。

片方は、以前からプログラミング講師として働いている企業。

そしてもう片方は、自社開発を行っているベンチャー企業です。

こちらではありがたいことに、自社サービスの開発をやらせていただけることになりました。

つまり、正真正銘のプログラマーというわけです。

これでテスターも卒業やぁー!!!!!!!!!

 

なので、この記事では

 

「どういう流れで採用が決まったのか?」

「採用いただいた時の僕はどれだけのスキルを持っていたのか?」

 

といった辺りを詳しくお伝えしようと思います。

 

これからプログラミングを始める未経験者が、効率よく学習を進め、プログラマーへ転職するための参考になれば幸いです。

やはり、アラサーだからといってプログラマーへの転職が不可能というわけではなかったですね。

よかったよかった。

 

採用いただくまでの流れ

まず、どういった流れで採用が決まったのかをお話しします。

 

僕は1ヶ月前くらいからベンチャー企業中心の転職サイトに登録していたのですが、そのプロフィール文で自分が持っているスキルをしっかりと書いたり、ブログのURLを載せていたら、企業様からスカウトメールが来ました。

それから2回ほどカジュアルに面談を行い、採用という流れになったのです。

 

その過程の中でポートフォリオっぽいものも確かにお見せしたのですが、採用をいただいたのはブログの内容や僕の人柄に寄るところが大きかったようです。

今回の経験から、飛び抜けたスキルはなくても学習意欲をきちんと示すことができれば、たとえアラサーでも採用をいただけるという証明ができました。

この2年間、プログラミング学習と情報発信を一生懸命頑張ってきて本当によかったです。

 

開発の現場で働くことになった

というわけで、僕はついに開発の現場でプログラマーとして働かせていただけることになりました。

たとえアラサーでもやればできるものですね。

 

特にベンチャーは年齢や働き方に関する考えにも柔軟性があるし、幅広く高度なスキルを身に付けることができるので、アラサーからの挑戦にはかなりオススメです。

信頼を得ることができれば、リモートワークも可能になりますしね。

 

パラレルワーカーになった

ベンチャー企業に採用していただいたおかげで、僕は2つの会社に務めるパラレルワーカーとなりました。

勤務は週6日となりましたが、社会にインパクトのあるサービスを提供するため、そして、自分自身の実力をつけるために頑張ります!

 

それにしても、プログラミングスキルを身につけると柔軟な働き方ができてとても楽しいですね!

こんなに人生の選択肢が増えるスキルは他にないですよ笑

 

採用いただいた時の僕のレベル

これから勉強を始められる方の参考になればと思うので、僕が採用を頂いた時にどういうスキルを持っていたのかまとめてみます!

といってもそこまでレベルは高くありません。

Twitter見てると化け物じみた人たちがたくさんいますが、その人たちに比べると成長は全然遅い方です。

 

Ruby

  • 変数
  • 条件分岐
  • 繰り返し
  • 配列
  • ハッシュ
  • オブジェクト指向
  • クラス(フィールド、メソッド、コンストラクタ)

 

Rails

  • MVCアーキテクチャの理解
  • CRUD処理の実装
  • Gemの利用(Devise、Kaminari、Pryくらい)

 

デザイン関連

  • Photoshop
  • Illustrator
  • Bootstrap
  • Sass
  • レスポンシブデザイン

 

僕は色々と遠回りをして2年くらいでこれらのスキルを身につけました。

しかし、上記のリストに従いピンポイントで学習を進めていけば、1年集中するだけで簡単に網羅できるくらいの内容です。

 

ベンチャーに転職するからといって力みすぎず、まずは僕がリストアップした内容をもとに勉強してみてはいかがでしょうか?

それからオリジナルアプリを作成し、実際に動いているところを面接で見せることができれば、かなりの好印象を与えられるかと思います。

 

使用した転職サイト

僕が使用したのがWantedly VISITというベンチャー企業中心の転職サイトです。(スマホアプリもある)

f:id:yoshitokamizato:20180506203708p:plain

こちらであればカジュアルにオフィスを訪問することができ、両者の気が合えば採用試験に移ることもできます。

僕自身も何社か訪問させていただきましたが、普通に話を聞くだけでとても勉強になりました。

 

Wantedly VISITはベンチャー行ってスキルをガンガン上げたい人は絶対に利用すべきサービスですね。

もしかしたらあなたにもスカウトメールが来るかもしれませんよ!(僕はそれで採用されました)

 

なのでぜひプロフィール文を充実させ、積極的に企業様を訪問してみてください。

きっといい出会いがありますよ!