僕のプログラマー人生は池澤あやかさんの本から始まった

 

当ブログは完全未経験からプログラマーを目指す人のためのブログです

 

f:id:yoshitokamizato:20180719203341j:plain

どうも、神里です。今回は僕がプログラミングを始めるきっかけになった大切な本をご紹介します。僕はプログラミングを始めた頃、この本のおかげで挫折せずにモチベーションを保つことが出来ました。そして、効率よく学習を進めることが出来たのもこの本のおかげです。

 

それが、池澤あやかさん著書である「プログラミングをはじめよう」。右も左も分からないプログラミング初心者の心に、モロに突き刺さりそうなタイトルですよね。もちろん僕も突き刺さりました。

 

そこらへんに売ってる小難しい技術書であればプログラミングに対するモチベーションは上がりません。それどころか、難しすぎて初心者の心を折りかねない。これが巷で噂の入門書詐欺です。(聞いたことない)

 

それに対し、「プログラミングをはじめよう」には、プログラミングに関するコーディング的な記述は一切ありません。技術を学びたい人には全く役に立たない内容ですが、この本はプログラミングの持つ可能性や楽しさを初心者にわかりやすく伝えてくれます。

 

これからプログラミングを始める人は、いきなり技術的な学習に入る前に一度はこの本に目を通しておいたほうがいいでしょう。そしてまず「プログラミングとはどういうものなのか?」「プログラミングでどういうことができるのか?」という部分に触れ、しっかりとモチベーションを上げてから学習に臨むといいかと思います。

 

僕の原点はこの本にあります。僕のプログラマー人生はこの本からスタートしました。これからスキルを身につけて人生の主導権を握ろうと考えている人にとって、この本が前進するための原動力になれば幸いです。

 

「プログラミングをはじめよう」はどういう本?

一言で言うと「プログラミングをやりたくなる本」です。この本を読めばプログラミングでできることを大体イメージできるので、どんどん興味が湧いてきます。また、プログラミングの魅力にも気づくことができるため、きちんと学ぶメリットを把握した上で学習を進めることができる。

 

さらに、この本の著者である池澤あやかさんは文系出身。この点も多くの人に勇気を与える部分ではないでしょうか。僕が同じこと言っても「理系だからできたんでしょ」で終わるだけ。

 

あとは、色んな学習ツールを紹介してくれるのも素敵ですね。初心者はまず、プログラミングをどうやって学べばいいのかがわからない。文法うんぬんの話ではないんです。そこらへんのニーズも的確に捉えたのがこの本なので、初心者に人気が出るのも頷けます。僕もこの本にだいぶ助けられました。

 

この本を読んで良かったところ

この本を読んで最も良かったのは、基本的な勉強方法を理解することができた点です。学習ツールを紹介するだけの薄っぺらい本ではなく、これからプログラマーとして様々な技術を学ぶ上で必要な「学習に対する姿勢」を学ぶことができる。つまり、学習効率を上げるための土台となる部分が、この本によって構築できるということです。

 

「わからないところはスルーする」とか「独学にはこだわらない方がいい」とか、経験者から教えてもらわないとわからないですよね。ここの部分を理解しないまま初心者が学習を進めたら、効率はかなり落ちるでしょう。

 

この本が僕のプログラマー人生の原点

僕は本当にプログラミングを始めたばかりの頃にこの本に出会いました。買ったきっかけは何だったか忘れたし、特にめちゃくちゃ読みたいと思って買った本でもなかった。

 

でも、ふと気がついたら買っていて、あっという間に読み終わっていたんです。当時の僕には、プログラミングを知ると言う意味でも、モチベーションを上げるという意味でも、とても有難い本でした。この本が僕のプログラマー人生の原点です。(実際、本当に原点にいた時に買った)

 

発信者として

「プログラミングをはじめよう」を読んで2年が経ち、ある程度の発信力を身につけて思うこと。それは、この本のように人の背中を押せる情報を発信していきたいなということです。

 

まだまだ僕には初心者を一流のプログラマーに成長させられるだけの実力がない。そして、情報発信に関してもまだまだ量が足りない。このような有益な情報をもっと沢山の人に届けられるよう、プログラマーとしての実力を磨くと同時に、発信者としてももっと多くの有益な情報を提供していきたいなと感じました。とりあえず、書くスピードをどうにかしないと。笑

 

これからプログラミングを始めたい人にオススメ

というわけで、この本はこれからプログラミングをはじめようとしている、Hello World をやる前の超初心者にオススメです。右も左も分からない。まずはプログラミングがどういうものなのか知りたい。学習に対するモチベーションを上げたい。そういう人が対象の本です。

 

僕は学習に詰まって挫折しそうになった時、いつもこの本を読み返していました。学習に対するストレスが溜まった時の息抜きにもオススメです。池澤あやかさんかなり可愛いので、特に男性は癒されるかも。

 

技術を学びたい人には不向き

1つだけ注意。この本では、技術的なことに関してはそこまで深入りしてません。プログラミングの具体的なコードについて学びたい人、1つの言語について基礎から応用、フレームワークの活用までを学びたい人には不向きな内容となっています。

 

あくまでも初心者向け。初心者の中でも本当にこれからプログラミングをはじめようと考えている超初心者向け。その点を十分考慮して買うかどうかを判断されるといいかと思います。

 

まとめ

初心者がなんの情報もないまま新しいことに挑んでも学習効率は上がりません。最初は絶対に経験者の意見を取り入れ、考え方を学んだ上で戦略を練ったほうがいい。僕も過去に多くの過ちを犯しています。めちゃくちゃ効率悪かったです。

 

なので、独学にこだわろうとせず、そこは素直に経験者から人から学びましょう。何度も言いますが、僕はこの本と池澤あやかさんに出会えて本当に良かったです。お会いすることがあったら、心からお礼を言うつもりです。

 

もしあなたが今、これからのプログラマー人生に対して不安を抱えているなら、ぜひこの本を読んでみてください。きっとどんどんプログラミングの世界に引き込まれていきますよ。