サロン生にプログラミングの実案件を振ってみた結果

 

当ブログは完全未経験からプログラマーを目指す人のためのブログです

 

どうも、かみざとです

 

今回は【サロン生にプログラミングの実案件を振ってみた結果】についてお話をしていきます

 

トピックはこちら

 

1.【初心者が案件を獲得するのは難しい】
2.【サロン生に案件を振ってみた結果】
3.【お金をかけなくても素晴らしい環境は手に入る】

 

※YouTubeの動画でも配信を行っておりますので、動画で内容をご覧になりたい方は下記リンクからご視聴をお願いします

 

 

現在プログラミングを学んでいる初心者の方の中にも実案件を獲得したい人は沢山いると思います

 

僕も初心者の方から「転職せずに副業として案件を獲得したい」という相談をよく受けます

 

しかし、残念ながら実務経験を積んでいない人に案件を振る人はまず居ません

 

だって、自分の会社のウェブサイトを開発してもらうなら、ある程度実力のある経験者に頼みたいと思うのが普通じゃないですか

 

例外として、顔なじみだとか、知人の紹介などであれば頼みたいという人ももしかしたらいるかもしれませんが、まず未経験者の場合は、その類いの人脈すら無い事が多いですよね

 

もしかしたら未経験者でも情報発信を一生懸命やっていて知名度のある人だったら可能性もあるとは思いますが、実情は情報発信すらも一生懸命やっていない人が殆ど

 

なので実務経験を積んでいない全くの未経験者が、個人で案件を獲得するのはめちゃくちゃ難しいんですよ

 

実務経験を積む為にはある程度実力が必要で、その実力をつけるにはやはり実務経験が必要だという、そういうジレンマは確実にありますからね

 

しかし、「いつまでも実務未経験者が実務経験を積むためのハードルが高いままでは僕がプログラミング教育に参入している意味はない」というわけで、僕から直接サロン生に案件を振るようにしました

 

で、やってみた結果面白いことがサロン内で起こったので、そのお話しを共有していきます


初心者が案件を獲得するのは難しい

なぜ「初心者が案件を獲得するのが難しいのか」というと、それは、初心者自身が「案件を獲得するノウハウを身につけていない」からです

 

個人で仕事を得る為には圧倒的に人脈を増やす必要があります

 

しかも、ただ単に人脈を広げればいいという話ではなく、社長さんと友人になるとか、起業したい人と友達になるとか、ある程度の決裁権を持った人と仲良くならないと仕事なんて振ってもらえないんですよね

 

尚且つ、そういう人達と友人になったとしても、自分自身の話が面白くないと魅力を感じてもらえないので、仕事も振ってもらえません

 

という事は、初心者が個人で案件を貰う為に、まず必要なのは営業力、人脈形成、マーケティング能力です

 

それプラス、技術力もないといけないということで、実務未経験者が案件を獲得するのってぶっちゃけかなりハードルが高いんですよ

 

むしろそういった課題を自力でクリアできるなら、もはや初心者じゃないですからね笑

 

それでも初心者のうちから個人で案件を獲得したい!という人が居れば、プログラミングスキルに加えて、ウェブマーケティングのスキルを身につけて下さい

 

これはなぜかというと、ウェブマーケティングのスキルを身につけておくと、集客面で社長さんにアドバイスができるからです

 

そうやって色々な社長さんと仲良くなると、アプリケーション開発の需要が発生した時にすかさず「自分開発もできます!」と提案することができるんです

 

東京の社長さんと何度かお話をした事が有りますが、ウェブマーケティングのノウハウを知らない社長さんって意外と沢山いるんですよ

 

だからこそ社長さんが持っていないウェブマーケティングのスキルをアピールをすること「こいつは使える!」と思ってもらえるわけです

 

そこからどんどん自分の話を聞いてもらえるようになるので、めちゃくちゃ仕事がもらいやすい状態になります

 

今現在、僕もいろんな社長さんから仕事の話が来るようになってますからね

 

こういう戦略で行くと、上手くいけば「ウェブ集客とアプリケーション開発の案件を両方貰えて一石二鳥!!」という事も出来るようになるんですよ

 

実際に僕も「プログラミングが出来ます」と言っていた頃より「ウェブで集客出来ます!」とアピールしている今の方が、断然食いつきが良いですからね

 

社長さんって、ぶっちゃけプログラマーの重要性に関しては、ぼんやりとしかわかっていない方が多いんですよ

 

それに対して集客の重要性は痛いほどよくわかっているんです

 

だからウェブを通して集客できる事をアピールすると効果がめちゃくちゃ大きいと言うわけ

 

というわけで、個人で案件を受けたいのであれば、プログラミングだけを学んでいても難しいということは意識して学習を進めると良いですね

 

サロン生に案件を振ってみた結果

次は「サロン生に案件を振ってみた結果」について

 

まず、案件にアサインされたサロン生にとっては、かなり良い経験になるのは間違いないですよね

 

実務ではGitとGit Hubを使って、ソースコードをGit Hubリポジトリーで共有して、クローン、ブランチ、プッシュ、プルリクを送ってマージという流れの中でやるんですすが、そういう事は独学しているとなかなかやらないんですよ

 

仮にやったとしても、Gitを使ってバージョン管理をして、コミットして、Githubのマスターにプッシュ、くらいかなと

 

だからこそ、共同開発の経験を実案件で出来ると伸びが全然違います

 

それに、初心者が早く成長する為には「現役エンジニアからコードレビューをもらう」と言う経験が何より重要になってきます

 

自分の書いたコードに対して「もっとこうしたら効率いい」とか「こういうメソッドを使ったら短くコードが書ける」とか、そういうことっていくら自分で勉強していても人から教えてもらわないと分からないことって沢山あるじゃないですか

 

だからこそ、実務経験3年や5年の現役エンジニアにコードレビューをしてもらうと、直接その先輩のスキルを自分のモノにすることができるので爆速で成長できるんです

 

 

初心者として実案件をこなしながら更に現役のエンジニアからレビューをもらう、という流れが出来たら爆速で成長するのは間違いないので、サロン生に実案件を振るのはかなり有効だと感じました

 

それに「実務未経験」というフェーズも卒業できますしね

 

案件をやり遂げたと言うことは、既に実務経験を通じて「お金を稼いだことがあるエンジニア」になります

 

つまり、転職前から実務経験者という扱いになると言うこと

 

それに、自分のスキルでお金を稼ぐ経験は自信にも繋がるので、思い描ける人生設計も大きく違ってくるんですよ

 

これを初心者のうちに経験できれば、今後の人生の大きな財産になります

 

何事もそうですが、出来ると思えたら出来るし、逆に「出来ない」と思っていたらできるものもできなくなっちゃいますからね

 

で、この案件に関しては、実はサロン内で過程を公開するようにしているんです

 

そうすると何が起こるかと言うと、案件をこなしている人だけではなく、これから個人で案件を取りたいと思っている周りの人も「開発の流れ」を見て学ぶことができるんですよね

 

実際に案件に参加できなかった人もソースコードを見て勉強することができるし「自分も案件を貰いたい」という競争心を刺激することもできるんです

 

ですから案件をこなす人も成長できるし、それを見ている周りの人達も刺激を受けて自己成長出来る

 

あとはサロンの中にベテランエンジニアの方も多数いますが、実務未経験者に案件をこなさせるためにはどういうアドバイスをすればいいのか?を考える訓練にもなります

 

ベテランエンジニアの人たちも社内でエンジニアを教育できる環境を構築した方が人材不足を解消できますからね

 

このように、営業をかけて案件を取り、それを実務未経験者であるサロン生に振り、直近の進捗具合を全部公開することによって、1つの案件をこなすだけで全体にかなり良い効果を与えることができました

 

今回振ってみた案件に関しては1月末の納期なので、ある程度余裕を持たせ、色々なアドバイスをしながら仕事をこなせるようにしていきたいと思っています

 


お金をかけなくても素晴らしい環境は手に入る

僕が運営する「人生逆転サロン」ですが、月額2,980円でプログラミングを学べます

 

普通のプログラミングスクールなら入学金だけでも10万円する所は沢山ありますが、それに比べると、仮に1年間サロンにいたとしても36,000円ぐらいにしかなりません

 

で、「そういう安価で手に入る環境ならクオリティも大したことないんじゃないの?」と思われるかもしれません

 

しかし実際は、初心者の時からベテランエンジニアの方とコミュニケーションを取れたり、コードレビューをしてもらえたり、開発する流れを見れたり、更には案件を獲得できたりと、かなりサービス内容も充実しています

 

ですから高額なプログラミングスクールだけでなく、色々なサービスを見て、カリキュラムの内容や学習環境が本当に自分に合ったものを選択すればいいと思います

 

オンラインサロンの場合は、自由な発想を持って自ら主体的に行動できる人に向いています

 

 

逆に、強制的に「やれ」と言われないと出来ないという人はプログラミングスクールが向いています

 

お金をかけないと良い環境が手に入らないわけでは一切ないので、ぜひ自分の性格と今後の人生設計を照らし合わせて選択をしてください

 

勝手に成長できるような環境を構築することができたら、プログラマーへの転職もフリーランスエンジニアとして独立することもハードルがぐっと下がります