「月100万稼ぐの無理、、、」ビジネスに挫折した私が乗り越えるために実践したこと3選

 

当ブログは完全未経験からプログラマーを目指す人のためのブログです

 

f:id:yoshitokamizato:20211205125822p:plain

はいさい、かみざとです!

 

 

私は現在、南国沖縄で活動していて、ありがたいことに月商500万円も達成でき、

 

 

好きな人たちとだけ関わりながら楽しく生きることができています。

 

 

「パワハラ上司と関わらなくてもいいし、自由な時間もたっぷりで最高だぜ!」という感じ。

 

 

私は7年間のマーケティング経験があり、

 

 

自己投資も500万円以上は余裕でやってきたため、

 

 

月100万円以上は毎月安定して稼げるようになりました。

 

 

 

 

 

、、、という感じで偉そうな出だしから始まりましたが、

 

 

フリーランスを目指し始めた頃の私は絶望的に稼ぐ能力がありませんでした。

 

 

実は3年前、ベンチャー企業とプログラミングスクールという、

 

 

2つの会社を掛け持ちしながら働いていたんです。

 

 

その時は、本当に限界まで働いたのですが、それはもう絶望的に稼げませんでした。

 

 

労働時間は月300時間以上。

 

 

普通のサラリーマンの約2倍の労働時間です。

 

 

3ヶ月ずっと出勤が続き、休みがたったの3日しかありませんでした。

 

 

「こんなブラック労働したことない」

 

 

と思うほどの過酷な環境です。

 

 

当然、体調も崩しました。

 

 

便秘になっていつも気分がスッキリしなかっり、

 

 

口内炎もたくさんできて激痛を我慢しながらご飯を食べたり。

 

 

特に、ご飯を食べることが大好きな私にとって口内炎は非常に辛かった。

 

 

それに、毎日寝不足でストレスフル。

 

 

常にイライラで当時同棲していた彼女(現在の嫁)との関係もうまくいかない。

 

 

極め付けは、それだけ消耗して働いたにも関わらず月100万円すら稼げない。

 

 

むしろ月50万円稼ぐのがやっとでした。

 

 

一般サラリーマンの2倍働いて、綺麗に2倍しか稼げてない感じ笑

 

 

そうやって私が稼ぐのに超絶苦労している一方、

 

 

周りのフリーランスは月商500万円以上稼いでいたりするわけですよ。

 

 

中には月商3000万超えている人もいました。

 

 

「うわぁ、周りの人たちに比べたら、俺ってマジでだめだわ、、、」

 

 

「努力してもなんも成果出てないじゃん」

 

 

「やっぱ俺にはビジネスの才能ないのかな」

 

 

本気で落ち込んだのを覚えています。

 

 

パワハラ上司が嫌で東証1部の企業を脱サラしてフリーランスに挑戦したのに、

 

 

どんどん不幸になっていく自分が逆に面白いとさえ感じました。

 

 

「うわぁ〜、この先俺の人生どうなるんだろう」

 

 

という感じです。

 

 

 

働き方を変えないとヤバい

月50万程度しか稼げなかった私ですが、

 

 

もはや限界まで働いていた私に、

 

 

「これ以上労働時間を増やして稼ぐ」

 

 

という選択肢はありませんでした。

 

 

働けるだけ働いて月100万円以上稼げなかったということは、

 

 

もう作業スピードとかそういう問題ではなく、

 

 

「そもそもの根本的な戦略がおかしい」と感じたんです。

 

 

「今のやり方では俺は絶対にこれ以上結果を出せない」

 

 

そう感じたので、方向転換せざるを得ませんでした。

 

 

でも、実際に何をどうすればいいのかわからない。

 

 

結構な絶望です。

 

 

まさに八方塞がり。

 

 

だから自分で考えるのは諦めて、

 

 

素直に稼いでいる人たちの真似をすることに決めました。

 

 

ビジネスモデルを分析し、

 

 

SNS戦略をパクり、

 

 

LPの構成からメルマガの配信内容まで、

 

 

とにかく真似をすることでしか活路を見出せなかったんです。

 

 

 

稼ぐために実践したこと3選

私が月100万円すら稼げない状況を脱するために、

 

 

格上の人たちを分析して実践したのは以下の3つ。

 

 

①肉体の拘束時間を短くする

②資産性のあるビジネスに挑戦する

③月額性のサービスを立ち上げる

 

 

それぞれ詳しくお話ししていきます。

 

 

1. 肉体の拘束時間を短くした

肉体労働の限界を感じた私は、とにかく肉体の拘束時間を減らすことを真っ先にやりました。

 

 

月300時間以上働いていたので、まずは労働時間を減らさないと他の事業を立ち上げる余裕すらできません。

 

 

それまでは

 

 

「俺はガンガン働いて優秀になって稼いでやるんやぁ〜!!!」

 

 

と考えてたから自ら進んでブラック労働に足を突っ込んでいたわけですが、

 

 

今度は逆に「どれだけ働かないか」を考えました。

 

 

その結果、オンラインのビジネスを徹底することに決めたんです。

 

 

まずはオンラインサロンを立ち上げ、

 

 

その次にオンラインスクールの立ち上げ、

 

 

エンジニアやスクール講師などのオフラインの仕事はどんどん減らしていきました。

 

 

その結果、朝8時に家を出て、夜23時に家に帰る生活が、

 

 

朝10時に起きて、一日中家の中で働く生活に変わったんです。

 

 

通勤時間も減らすことができた分、

 

 

これまで自由時間が1日4時間しかなかったのが、

 

 

1日8時間以上は自由に使えるようになりました。

 

 

膨大に時間を作ることに成功したから、

 

 

どんどんビジネスの改善にも取り組めるようになったんです。

 

 

 

2. 資産性のあるビジネスに挑戦

時間を大幅に取れるようになった私は、

 

 

次に教材を作りまくりました。

 

 

まずはプログラミング教材を大量に執筆するようになります。

 

 

あの頃は1日1万文字以上毎日文章を書きました。

 

 

それを1ヶ月くらい続けたら結構な量の教材になり、

 

 

その教材をもとに効率よく人にプログラミングを教えられるようになったんです。

 

 

おかげでオンラインサロンやオンラインスクールも短い労働時間で回せるようになり、

 

 

優秀なエンジニアをどんどん生み出せるようになりました。

 

 

以下の方々はみなさん、私がスクール立ち上げ初期に育てたメンバーです。

 

 

twitter.com

 

twitter.com

 

 

twitter.com

 

 

 

みんな私より超絶優秀なエンジニアになってくださってめっちゃ嬉しい。

 

 

そして、オンラインビジネスと合わせてコンテンツもどんどん生産していきました。

 

 

特にブログとYouTubeでは徹底的に記事や動画を作りまくり、

 

 

とにかくオンラインで自動で集客することに挑戦します。

 

 

どちらもSEOや検索からコンテンツを見つけてもらえるプラットフォームであり、

 

 

良質なコンテンツを生産するほど人が集まる積み上げ型のビジネスになる。

 

 

積み重ねができるコンテンツは資産となるので、

 

 

そういう資産性の高いビジネスから優先して取り組んでいきました。

 

 

それと同時並行してLINEの運営にも力を入れ、

 

 

リストを増やして濃いファンを獲得することにも挑戦します。

 

 

あの時はそこまでライティングスキルはありませんでしたが、

 

 

それでも自分が成長するために徹底的にアウトプットしまくりました。

 

 

そのおかげでオンラインサロンやスクールもよく売れたのでよかったかなと思います。

 

 

また、あの頃は労働時間を減らすために業務システムを自分で開発したりもしていました。

 

 

それが今の「やんばるエキスパート」というITスクールの教材プラットフォームとなっています。

 

 

f:id:yoshitokamizato:20211205130225p:plain

f:id:yoshitokamizato:20211205130324p:plain



 

当時の私はエンジニアになりたてでそこまで技術はありませんでしたが、

 

 

現場で学んだことをフル活用してその教材プラットフォームを作り上げていきました。

 

 

それが7年経った今も稼働していることにはちょっとした感動を覚えますし、

 

 

現在のメンターたちがより素晴らしいサービスへとブラッシュアップしてくれていて、

 

 

もはやこの教材プラットフォームがビジネスにとって欠かせない相棒であり家族のような感覚になってきています。

 

 

この文章を書きながら昔を思い出すと、あまりのコンテンツの成長ぶりにちょっとうるっときますね笑

 

 

こういった業務システムだけでなく、自動化できるものはビジネスにおいては非常にいいし、絶対に活用すべきです。

 

 

例えば、メルマガやLINE(Lステップ)は絶対に欠かせません。

 

 

人を行動させるには、段階を踏んで教育し、徹底的に心理的ハードルを下げる必要があります。

 

 

商品を販売する時にも、とにかく細かい段階を踏んで、購入までのハードルを下げてあげる必要があるんです。

 

 

例えば、英語を学ぶメリットを知らない人にいきなり英語の教材を売っても買ってもらえないですよね。

 

 

でも、世界中の人たちとコミュニケーションが取れたり、

 

 

得られる情報が爆発的に増えたり、

 

 

海外でも仕事を展開できるようになったりといった、

 

 

英語を学んで得られる色んなメリットを段階を踏んで伝えると、

 

 

どんどん教材に対する興味が湧き、買ってもらえるようになるわけです。

 

 

そして、それを自動で可能にしてくれるのがメルマガやLINE(Lステップ)であり、

 

 

このツールを活用することによってどんどん濃いファンが生まれ、

 

 

商品が勝手に売れるようになります。

 

 

だからこそ、ネットを活用してビジネスをしたいのであれば、

 

 

メルマガやLINE(Lステップ)は必要不可欠。

 

 

また、ツールを活用したり、自分で開発したり、

 

 

ブログやYouTubeを活用してコンテンツを量産し、

 

 

ネット上に自分の分身を作ることも大事。

 

 

そういった「集客する→リストを集める→教育する→販売する」までの自動化を徹底したおかげで、

 

 

私のビジネスもどんどん効率よく稼げるようになりました。

 

 

3月額性(サブスク)のサービスを立ち上げた

月額性サービスのいいところは、毎月の安定した収入が見込めることです。

 

 

収入の見通しが立つから色々とチャレンジでき、

 

 

自己投資や事業投資もどんどん捗るようになります。

 

 

そう考えるとやはり会社員は素晴らしいですよね。

 

 

毎月決まった日に決まった額のお金が入ってくる。

 

 

フリーランスに挑戦して改めて会社という存在のありがたさも知ることができました。

 

 

だから私も、個人で安定収入を得るために、

 

 

オンラインサロンの運営に挑戦したんです。

 

 

そのおかげで多くの仲間にも恵まれ、

 

 

日本全国どこにいっても知り合いがいる状態になりました。

 

 

ほんと、情報発信って無限の可能性がありますよね。

 

 

なんの強みもなかった一般サラリーマンの私でさえ、

 

 

愚直にできることを継続するだけでちょっとした影響力を持つことができるので。

 

 

大阪ですれ違った人に

 

 

「もしかしてかみざとさんですか?」

 

 

と聞かれた時は流石にびっくりしました笑

 

 

◆色々とビジネスを改善した結果

「なんで俺は2つの会社を掛け持ちしてこんなに働いているのに、月100万円すら稼げないんだ、、、」

 

 

と絶望していた私は、死に物狂いで脳に汗かきながらビジネスを改善していった結果、

 

 

1年後には無事に月100万円稼げるようになりました。

 

 

しかも、月300時間だった労働は、月100時間以下にまで減らすことに成功。

 

 

「やっぱ昔の俺は知識不足だった」

 

 

「もっと早くから結果出してる人を真似すればよかった」

 

 

「ビジネスってやり方を間違うとどう頑張っても結果出ないんだな」

 

 

色んな思いが頭を駆け巡りました。

 

 

学ぶことが沢山あって、本当に成長できた経験です。

 

 

2つの会社を掛け持ちして消耗しまくったのも、今となっては本当にいい思い出。

 

 

「やっぱ自己流って事故流なんだな」と、身をもって体感しました。

 

 

 

月100万稼げるようになって

月300時間以上働いても月50万しか稼げなかった私が、

 

 

今ではめちゃくちゃ楽に月100万くらい稼げるようになったのには正直驚いています。

 

 

もちろん楽に稼げるからといって、あぐらをかいてダラダラするつもりはないのですが、

 

 

「思考停止に行動しまくることがどれほど危険なことなのか」はよく理解しています。

 

 

ビジネスで成功できないのは、才能がないからではなく知識がないからです。

 

 

その知識をつけるためにも、アウトプット前提のインプットをしまくるのが大事。

 

 

調べては発信の繰り返しで自分の頭をアップデートを繰り返すんです。

 

 

人間の脳は、インプットだけだと5%しか学んだことが定着しませんが、

 

 

アウトプットをすれば90%も定着しますからね。

 

 

そうやって脳を鍛えると、瞬時に正しい判断ができるようになり、それに応じて結果も出るようになる。

 

 

だから私は現在も、毎日徹底的にアウトプットにこだわって生活しています。

 

 

Instagramはほぼ毎日2投稿するし、

 

 

Twitterは毎日3ツイート、

 

 

LINEは2日に1回配信、

 

 

YouTubeは3日に1回投稿。

 

 

その合間に教材を毎日2000~3000文字執筆し、

 

 

スクールの動画教材を作りながら、

 

 

合間に商談やミーティング、セミナーを行うという日々。

 

 

こんな毎日は確かに大変ではありますが、

 

 

だからこそ毎日自分の成長を感じることができ、

 

 

充実した人生を送ることができています。

 

 

やればやるほどビジネスは着実に楽になっていっているので、

 

 

今はRPGのレベル上げをする感覚で楽しんで毎日情報発信していますね。

 

 

それに、大変といっても毎日散歩する時間もあるし、

 

 

嫁とゆっくり夕飯の買い出しをしたり、

 

 

一緒に料理をして食事を楽しんだり、

 

 

猫のみーちゃんと戯れる時間もあります。

 

 

だからまぁ、アウトプットを徹底的にやると生産性も上がって短時間でビジネスを回せるようになるし、

 

 

それに応じて幸福度も指数関数的に上がっていくんですよね。

 

 

この記事も5000文字を超えてますが、だいたい2時間くらいで書き上げています。

 

 

むかしは1000文字執筆するだけで1時間かかったのに。

 

 

というわけで、肉体労働には限界があります。

 

 

思考停止に自分を追い込んで働きまくって消耗するのはやめましょう。

 

 

肉体労働に依存すると月100万円すら厳しいのが正直なところ。

 

 

上を目指すなら、どの分野であれ必ず効率を求めることが大事だし、

 

 

資産性の高いビジネスをする必要があるんですよ。

 

 

だから「コンテンツビジネス」は最強なんです。

 

 

ランニングコストもかからないし、少人数で回せるし、積み上げができる。

 

 

資産性が高く、やればやるほどマネタイズも楽になる。

 

 

こんな最強なビジネスは他にないですよ。

 

 

つい先日もBrainで教材を販売したら1月で80万円売れたりしましたし、

 

 

今も勝手に売れて不労所得もちょいちょい入ってきます。

 

 

▼この記事

 

brain-market.com

 

 

 

だからまずは徹底的に発信しましょう。

 

 

発信して自分が成長すれば勝手に発信内容は有益になるし、

 

 

発信が有益になれば勝手にファンは増えていきます。

 

 

そうすれば月100万円くらいはいつのまにか稼げるようになってますよ。あとはそれを継続するだけ。